2020.03.29

 3月29日(日)都内にて「Krush.112」の一夜明け会見が行われた。

 昨日のセミファイナルでウェルター級の実力者・山際和希から3Rに右ストレートでダウンを奪って勝利した近藤魁成。2020年初戦を勝利でスタートした近藤は「昨日の試合はすごく良い経験になった。これからトップ選手に勝っていく中でこういう試合は大事やと思ってます」と振り返り、あえて現在の自分の攻撃・防御の両面を試すように戦ったことを明かした。

 今後はさらに経験を積むために外国人選手との対戦も希望しつつ「来年には全員リベンジしたい」と試合経験を重ねた上で、昨年敗れた木村"フィリップ"ミノルやジョーダン・ピケオーへのリベンジを宣言した。

近藤魁成
「昨日はAbemaTVで応援していただいたみなさんありがとうございます。自分でも良い経験になったと思ってます。(単にKOを狙うわけではなく、何かテーマを持って戦いに臨んだ?)これから負けた木村選手やピケオー選手、それ以外のトップ選手に勝つために経験を積んでおかないといけないなと思ったので、ああいう試合になっちゃいました。(蹴りのカットやカウンターのタイミングなど確認作業をしながら戦っているように見えたが?)そうですね。僕はけっこうガツガツ行く選手だと思われがちなんですけど、そこ以外でももっと強くならないといけないところが大いにあると思ったんで、守備も攻めもしっかり出来る選手になるためにずっと練習してました。

(木村やピケオーのような選手と戦って、そういった細部も必要だと思った?)やっぱ強い選手は何でも出来る。去年そういうところを感じたので、今年は自分に足りない部分を段々補っていけるように練習してます。(そういった練習のチューンナップを終えて、今後の試合への手応えは?)昨日の試合は自分の中ですごい良い経験になったので、これからトップ選手に勝っていく中で絶対にああいう試合は大事やと思ってます。去年はすごく挑戦ばっかりしてたんで、今年は8月のK-1大阪大会もそういう経験を積みながら、来年には全員リベンジしたいですね。なので今年は経験を積んで、来年一気に上がりたいと思ってます。

(例えば外国人選手などとも戦っていきたい?)僕もちょうど言おうとしてたんですけど、外国人選手と戦ってそういう経験値をもっと積みたいと思っていて。日本人の強い選手とは戦ってきたので、次は世界の強い選手と戦っていけたらと思います。(野杁正明と戦ったハッサン・トイあたりとも戦ってみたい?)そうですね。これから世界のベルトを狙ってるんで、そういう選手と戦って勝っていかないと先はない。外国人選手と出来れば戦いたいです。

(前日会見で発言していた試合後にマイクで言いたかったことは?)今すごく世界がネガティブな方向に行ってるので、自分が格闘技を通じて出来ることを考えた時に、クラウドファンディングをして格闘家だけじゃなくて、それ以外の仕事で困っている方もいるので、そういう方の力にちょっとでもなれたらなということでクラウドファンディングをします。よかったらみなさんで協力してみんなでピンチを乗り越えたいと思ってます。

(試合後に始めると言っていたYouTubeの企画は?)自分の技術を伝えるのと、あとはまだマイク握ってる時と試合をしてる時にまだ全然自分を出せてないので(笑)。もっと自分の良さを伝えながらK-1をもっと広めていって、自分自身もおっきくなれたらと思ってYouTubeを始めました。(ファンのみなさんにメッセージは?)今年は全部勝って、来年僕の年にしようと思ってるんで応援よろしくお願いします。昨日はありがとうございました」

 

選手登録