2020.03.27

 3月27日(金)都内にて、3月28日(土)後楽園ホール「Krush.112」の前日計量・会見が行われた。

 セミファイナルには昨年高校生K-1チャンピオンを目指して幾多の強豪と拳を交えてきた近藤魁成が登場。11月のK-1横浜大会のジョーダン・ピケオー戦以来となる復帰戦に臨む。対戦相手はこちらも数々のトップファイターと戦ってきた山際和希だ。

 近藤戦を「木村"フィリップ"ミノル選手とのオファーが来た時以来の衝撃」だと語っていた山際は、その大一番を前に「身体も精神面も過去最高に仕上げてきた」と新星撃破に燃える。今回は無観客試合という難しい状況での試合だが「明日は見てくださるみなさんに勇気を与えられるようなアグレッシブな試合をしたい」とファンに熱戦を約束した。

 対する近藤は「明日はレベルの違いを見せようと思います」と静かな口調ながら絶対の自信を見せ「明日は自分らしくパンチでボコボコにしたい」と改めてパンチでのKOを宣言。「無観客で会場に人がいないですけど、その分AbemaTVでみんな見てくれてると思う。マイクで言いたいことがあるので、しっかりアピール出来るように明日は倒します」と勝ってマイクで伝えたいことがあると語った。

山際和希
「今回は身体も精神面も過去最高に仕上げてきました。本当に調子が良いので明日はしっかり近藤選手を倒しに行こうと思います。(計量時の印象も含めて対戦相手の印象は?)計量の印象は少し減量がきつそうだなと思いました。多分明日はかなり身体を大きくしてくるんじゃないかと思います。特に1R目かなりパワーがあると思うんで、気をつけて戦いたいと思います。

(この試合に向けて特別に取り組んできたことは?)まず去年は中々ベストコンディションでリングに上がれなかったので、まずしっかり体調を整えることですね。普段の生活で特に付きあいを本当に減らして、空いている時間は身体の回復に充てていました。あとはパンチにかなり時間をかけてきたので、明日は使うかは分からないですけど、出来ればパンチでも行こうかなと思います。

(どういったところに過去最高のコンディションだと感じている?)現時点での体調もそうですし、僕は減量自体はかなり楽なんですけど、その後のリカバリー、ここからリングに上がるまでにけっこう色んなミスをしていました。その理由もたくさん失敗して、色んな詳しい人に聞いたりして分かったので、このまま絶好調で上がれるかなと思っています。あとは普段の生活も気をつけていたので、練習している時の体調もすごく良かった。そういう意味で過去最高ですね。

(無観客試合を行うことをどう思っている?)試合が始まるまでは少し違和感を感じると思いますけど、試合が始まってしまえば普段もお客さんの声が聞こえないぐらい集中してやってるので変わりはないかなと思います。(ファンのみなさんにメッセージは?)明日は見てくださるみなさんに勇気を与えられるようなアグレッシブな試合をしたいと思います。みなさんぜひ応援よろしくお願いします」

近藤魅成
「今から回復して、明日はレベルの違いを見せようと思います。(計量時の印象も含めて対戦相手の印象は?)減量はきつかったんですけど今から回復して、まあ別にそんなしんどいとかもないんで全然大丈夫です。山際選手は計量してるとこ見てなかったんで分かんないですけど、あまり興味ないですね。

(蹴りの印象が強かった中で今回はパンチでのKOを宣言しているが?)元々蹴りが得意で、アマチュアの時は蹴りが得意やったんですけど、プロになってからパンチの威力も上がってきて、どっちで攻めて行こうかなって試合をずっとしてたので。明日は自分らしくパンチでボコボコにしたいですね。(高校生K-1チャンピオンの目標が達成出来なかったことについてどう思っている?)それに向かって頑張ってきて、強い選手と一杯やれたんで。今年はその経験を形にして行こうかなと思ってるんで。悔しいですけど、今はもう前を向いて先を見てるんで大丈夫です。

(無観客試合を行うことをどう思っている?)試合後にマイクでちょっと言いたいことがあって、それがみんなの前で言えないのは残念ですけど、AbemaTVで見てくれてる人にしっかり試合とマイクで伝えられるように、明日勝ってマイクで喋りたいと思います。(ファンのみなさんにメッセージは?)無観客で会場に人がいないですけど、その分AbemaTVでみんな見てくれてると思うんで。しっかりアピール出来るように明日は倒します」

 

選手登録