2020.03.23

 3月23日(月)都内にて「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN~K'FESTA.3~」の一夜明け会見が行われた。

 友尊とSATORU成合、30代にしてK'FESTAのスーパーファイト初出場、しかも激闘派で知られる2人とあってバチバチの戦いが期待された一戦。友尊は前戦から見せたボクシングとムエタイを上手く融合させた試合振りで3度のダウンを奪うも、3Rは完全に流すような試合振りで判定勝ち。試合後もほとんど喜びの表情は見せなかった。

 一夜明けて友尊は「1Rのワンツーで左拳を痛めて、2Rは右フックと左の前蹴りを使ってたんですけど、それで左足と右肩も痛めてしまって……」と度重なる怪我で思い通りの試合が出来なかったと悔しさを露わにし「今回の試合で怪我をしちゃった部分を1日も早くしっかり直して、次の試合は必ず倒して勝てるようにしたい」と次戦での爆発を誓った。

「昨日の試合は試合中に怪我しちゃって、自分が思ったように攻められなくてしょっぱい試合をしちゃったなって思ってます。勝ちって結果だけついてきて、それだけは良かったなって感じです。(3Rは流していたように見えたが2Rに怪我をした?)まず1Rのワンツーで左拳をちょっと痛めて、2Rは左ストレートが打てないんで右フックと左の前蹴りを使ってたんですけど、それで左足と右肩も痛めてしまって……3Rはああいう流すような形になってしまいました。

(K'FESTAという大舞台で試合をした感想は?)ああいう大舞台で試合をさせてもらったのは経験値としてすごいプラスにはなったなと思ってます。ただその舞台であの内容の試合をしちゃったので、自分の中ですごい悔いの残る一戦でした。(今後の目標は?)まず今回の試合で怪我をしちゃった部分を1日も早くしっかり直して、次の試合は必ず倒して勝てるようにトレーニングしていきます」

 

選手登録