2020.03.23

 3月23日(月)都内にて「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN~K'FESTA.3~」の一夜明け会見が行われた。

 山崎秀晃はスーパーファイトで寺島輝と対戦。2R、左ボディで寺島の動きを止めると、最後は右ストレートで寺島をマットに沈めた。今回で3戦連続のKO勝利を飾った山崎は「思い描いた内容で締めくくることができた」と、試合を振り返った。

 そして昨日の試合後にはK-1スーパー・ライト級王者の安保瑠輝也への挑戦をアピールしていたが、あらためて「チャンスはいましかないっていうか、いまじゃないかなと思うんで。しっかり獲りにいきます」と力強く言い放った。

「昨日はKO勝ちで締めくくることができてホッとしてます。まずKRESTのチームメイトと代表とトレーナーと、ファンのみなさん、仲間のみんなに感謝したいです。ファイターとしていろんな状況ある中で試合ができたことに、まず一つそれも感謝の気持ちとして、いまは思ってます。

(相手の印象、試合の感触は?)伝統空手同士の対決になるかなと思って、僕もいろいろ試行錯誤しながら、いろんな作戦とプランを考えて挑んだんですけど。まあ、やっぱりフィジカルの面や当たりの部分で、優位に試合を運べたんじゃないかなと思って。しっかり思い描いた試合内容で締めくくれたんじゃないかなと思ってます。

(公開練習で『これで準備運動は終わり』と発言していたが、ズバリ次は?)やっぱりK-1をやってる以上は頂点、チャンピオンベルトを目指してるんで。安保瑠輝也は僕が倒します。(安保選手のタイトルマッチの感想は?)正直、いい試合だったなと思いましたし。不可思選手も効かせた部分もあったと思うし、瑠輝也選手も優位に運んで効かせた部分はあったんで。

 でもやっぱり、チャンピオンの長いリーチから、右も左もできる攻撃っていうのは凄い魅力的な部分もあると思いますし。そこをしっかり攻略して、穴をついて。次は僕がリスペクトを持って、挑戦者として挑んでいきたいと思います。

(試合後に『タイトル挑戦はいましかない』と発言していたが、自分の中では完全復活?)身体の状態も凄い万全になってきて。フィジカルも重量の面で過去最高を更新してるんで。まあ、重量だけがすべてじゃないですけど。体力面もしっかり見て、チャンスはいましかないと思ってるんで。いましかないっていうか、いまじゃないかなと思うんで。いつでも挑戦できる状態、最高の状態で準備するだけなんで。しっかり獲りにいきます」