2020.03.23

 3月23日(日)都内にて、3月22日(日)「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K'FESTA.3~」さいたまスーパーアリーナ大会の一夜明け会見が行われた。

 今大会では挑戦者・愛鷹亮を挑戦者に迎えてのリベンジマッチに挑んだ王者シナ・カリミアン。1Rこそ愛鷹の右フックでダウンを奪われたものの、2Rに起死回生のバックブローでダウンを奪い返して反撃。その後は共にダメージの深い状態で死力を尽くして戦い抜き、判定3-0で王座防衛に成功した。

 一夜明け会見でカリミアンは「愛鷹選手に感謝を述べたい。彼は非常にタフな選手だった」と挑戦者を称えると、今後は「Krushのベルトも視野に入れ、目の前のベルトを保持しつつヘビー級のベルトを狙いたい」と二階級制覇とKrushでの王座奪取も目標に掲げた。

「まず最初に昨日対戦してくれた愛鷹選手に感謝を述べたい。彼は非常にタフな選手だった。今回の試合に勝つことが自分でも一番大きなことだったので、そういう意味も含めて戦ってくれた愛鷹選手に感謝したい。そしてみなさんお待たせしました。キングが戻ってきました。これからまたさらに強くなる自分をお見せしたいと思います。

(前回KO負けした時と同じような1Rを乗り越えられた要因は?)今回の自分は前回と比べて一段と違う自分で試合に臨むことが出来た。40日という短い間ではあったが、毎日ハードなトレーニングを積んでこの試合にかけてきた。もちろん1R目はすごくタフな試合になったが、今までとは全く違う自分で試合に臨めた。

(古川会長はPODでの練習の成果が発揮されるのは半年後ぐらいだろうと言っていたが?)やっと自分がいるべきチーム、仲間に出会えたと思っているし、古川会長はとても素晴らしい人物なんだ。トレーニングだけではなく、チームのみんなを本当にケアしてくれる。仕事としてというよりは、本当にこのスポーツを愛していると強く感じるんだ。ジムを見ていても小さい5歳の子供から大人までが一緒に楽しんで練習している。そんな自分にとって家族のようなところに出会えたことで、これからも一緒に厳しい練習を積みながら共に向上していきたい。

(今後はヘビー級との二階級制覇も視野に入れている?)このベルトを獲ったことだけでは満足は全くしていない。こうして日本にいる間にヘビー級のベルトも含めて、もっともっとベルトを獲りたい。Krushのベルトも視野に入れつつ、このベルトを保持しつつヘビー級のベルトを狙い、たくさんのタイトルに挑戦していきたい。

(試合前日はこれまでと違って笑顔で握手を求めたが、どういう心境の変化だった?)自分は普段の気持ちが感情に出やすいタイプで、今までは感情が出ていたんだと思う。PODに移ってから練習に集中していくことによって、自分の中のネガティブな部分が練習の中で発散されつつ、ポジティブに変わっているというのは自分でも感じていた。それが今回の試合で愛鷹選手と向き合って自然に笑顔になった理由だと思う。

 ただ愛鷹選手が今回の試合にかけていたものもよく分かっているし、愛鷹選手のことはすごくリスペクトしている。今回の試合では愛鷹選手は自分のヒザ蹴りで怪我をしてしまったと聞いてすごく悲しいとは思うけど、早く回復してリングに戻ってきてほしい。アリガトウゴザイマス」