2020.03.19

 3月19日(木)東京・新宿区のGENスポーツパレスにて、3月22日(日)さいたまスーパーアリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K'FESTA.3~」の[スーパーファイト/K-1ウェルター級/3分3R・延長1R]で野杁正明と対戦するダビド・メヒアが公開練習を行った。

 メヒアはスペイン人ファイターでISKA世界ウェルター級王座を保持している実力者。近年は中国のクンルンファイトや武林風でも活躍し、昨年12月の名古屋大会で野杁が接戦を演じたハッサン・トイとも武林風で対戦経験がある。固いガードからパンチを上下に打ち分け、接近戦ではヒザ蹴りも駆使する攻撃的なファイトスタイルを身上としている。

 公開練習ではパンチ、ミドルキックの連打で息をあげた後に本格的にミット打ちを開始し、パンチからヒザ蹴り、左右のミドルへとつなぐコンビネーションを披露したメヒア。「今までにないぐらい順調に準備が出来ている。このようなとても素晴らしい舞台、誰もが知っているK-1に呼んでもらえたことがとても信じられない。本当に驚いたよ」とK-1参戦が実現し喜びを露わにする。

「14歳からキックボクシングを始め、主にヨーロッパ、現在は中国でも戦っている。ロシアとフランスでタイトルも獲っている」とここまでのキャリアを振り返り「野杁とはファイトスタイルがとても似ているので、ファンからすればとても楽しい試合になるんじゃないかと思う。アグレッシブなファイトスタイルを見てほしい」とショートレンジでの戦いを得意とする野杁とは激戦になると予想。「自分のストロングポイントは右クロスカウンターだ」と一発で仕留める武器もあると力強く語る。

 メヒアは「実は魔裟斗のことが大好きなんだ。彼はとにかく強くて、世界で活躍して誰もが知っている憧れの存在だ」と魔裟斗への憧れを熱弁。魔裟斗という偉大な存在に近づくためにも「野杁に勝って絶対にウェルター級のチャンピオンになりたい」と打倒・野杁に燃える。

 最後に「みなさんの期待通り、野杁正明vsダビド・メヒアはとても激しい試合になるはずだ」と再びファンに向けて激闘を約束したメヒア。日本の誇る“怪物”を撃破し、魔裟斗を見て憧れたK-1のリングで躍動することが出来るか?

 

選手登録