2020.02.25

 2月25日(火)新宿区・GSPメディアセンターにて記者会見が行われ、4月4日(土)新宿FACE「KHAOS.10」の大会概要・全対戦カードが発表された。

 今大会では「KHAOS.9」に続き、AbemaTV「格闘代理戦争」卒業生たちが一挙にプロデビュー。K-1選抜と“7対7 全面対抗戦”で対戦することが決まった。今回のK-1選抜は全選手がK-1アマチュア、K-1カレッジ、K-1甲子園の優勝者で構成され、それぞれの道でプロになったファイターたちが激突する形となる。

 副将戦では山浦力也(北斗会館浅科道場) と稲垣澪(K-1ジム大宮チームレオン/ゲーオーズ) が対戦。「格闘代理戦争」から出場する稲垣は、ゲーオーズの一員として、チームの優勝に貢献。今回がプロデビュー戦となる。

 対する山浦は「K-1甲子園2018」-60kgの優勝者で、プロでは5戦を経験。今大会の第2試合で川越亮彦と対戦する迅也と共に、兄弟で揃って出場を果たす。

稲垣澪
「はじめに「格闘代理戦争」を支えてくださったAmeba TVのスタッフの方々、K-1関係者の方々、応援してくださるすべての方のお陰で、プロデビュー戦にこぎつけることができました。ありがとうございます。デビュー戦を絶対に逃せないというとことで。弟の柊と稲垣兄弟ということでがんばってます。相手の選手も兄弟でがんばってるということなので、兄弟対決というのものちのちあるんじゃないかなと思ってたんで、絶対勝てるようにがんばりたいと思います。

(対戦相手の印象は?)空手ベースで、回転系の技やローキックが強いと思ってます。(弟の柊選手はKOでデビュー戦を飾ったが、自分はどのようなデビュー戦に?)デビュー戦をハイキックですごいKO勝ちをしてたんで、そこにも負けられないという対抗心もありますし。でも、目の前の一戦をしっかり勝ち取るということを、デビュー戦は徹底してやっていこうと思ってます。

(ゲーオから学んだことは?)ムエタイ独特のスタイル、独特の流れや間合いは勉強になるものがありました。前回の代理戦争はヒザ蹴りでKOっていうのが何度かあったので、そこはゲーオ選手であったり、ウィラサクレックの会長さんに習ったことがそのまま出たので。そこはそのまま使っていきたいと思います。

(アピールポイントは?)パンチからのヒザだったり、パンチからの蹴りまでのコンビネーションの速さは売りだなと思ってます。あとはしっかりしたパンチだったり、蹴りの種類も増やして、デビュー戦に向けてがんばっているので。パンチからのヒザ、パンチからの蹴りっていうのは見てもらいたなと思ってますね。

(メッセージ)みなさんの応援のおかげで、プロデビュー戦まで残り一ヶ月ちょっと、しっかり練習できてます。デビュー戦本番でも、熱い応援よろしくお願いします」

山浦力也
「今回、K-1選抜、K-1甲子園王者として選ばれたので、しっかり倒して勝ちたいと思います。押忍。(対戦相手の印象は?)パンチと蹴りも両方できて、勢いのある選手だなと思ってます。(期は違えど「格闘代理戦争」組との連戦となるが、特別な意識は?)とくに特別な意識はないんですけど、稲垣選手は注目されてて強い選手なので、しっかり倒したいと思います。

(デビュー前から注目されてる選手と戦う気持ちは?)試合も注目されると思いますし、盛り上がると思うので。勝てば大きいですし、次につながると思うので、しっかり勝ちたいと思います。(アピールポイントは?)自分はパンチが得意なんですけど、それより気持ちが強いと思うので。気持ちで勝ちたいと思います。(メッセージ)今回は兄の迅也と参戦が決まったので、二人でしっかり盛り上げて、倒して勝ちたいと思います。応援よろしくお願いします」