2020.02.25

 2月25日(火)新宿区・GSPメディアセンターにて記者会見が行われ、4月4日(土)新宿FACE「KHAOS.10」の大会概要・全対戦カードが発表された。

 今大会では「KHAOS.9」に続き、AbemaTV「格闘代理戦争」卒業生たちが一挙にプロデビュー。K-1選抜と“7対7 全面対抗戦”で対戦することが決まった。今回のK-1選抜は全選手がK-1アマチュア、K-1カレッジ、K-1甲子園の優勝者で構成され、K-1アマチュアと格闘代理戦争、それぞれの道でプロになったファイターたちが激突する形となる。

 中堅戦では内田道隆(K-1 GYM横浜infinity) と寺田匠(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/TEAM武尊) が対戦。「格闘代理戦争」から出場する寺田は、チーム武尊の一員として、ガッツあふれる無骨なファイトを展開。対する内田は「K-1カレッジ2017」の-60kg級の優勝者。今回がプロ三戦目となる内田は、「KHAOS.9」のK-1選抜vs「格闘代理戦争」にも、K-1選抜の一員として参戦。今回が同企画には二度目の出場となる。

寺田匠
「こんなところで負けてたら、これからがないんで。サクッとKOして終わらせようと思ってます(対戦相手の印象は?)まだ試合は見てないです。サウスポーとしか聞いてないです。(自分のアピールポイントは?)代理戦争の試合では自分の思うような動きができなかったんで。次の試合では自分の爆発力を見てほしいです。(武尊からのアドバイスは?)勝って当たり前みたいな感じです。

(前回の対抗戦については?)前回はKOが少ないっていうイメージがあったんで。今回はしっかりKOして、次につなげます。(ファンへのメッセージ)試合まで一ヶ月ちょっとなんで、しっかり仕上げて、100\%の自分を見せられるようにがんばります。応援よろしくお願いします」

内田道隆
「2020年、最初の試合なんで、ここをしっかり勝って次につなげたいと思います。押忍。(対戦相手の印象は?)けっこうタフで、アグレッシブに攻めてくる選手だなと思いました。(プロデビューの選手にKOすると言われたが、言い返したいことは?)そうですね、負けられないですね。(自分のアピールポイントは?)自分は蹴りが得意なので、蹴りを見てくれればいいと思います。
(前回の対抗戦では敗れているが、その借りを返したいという思いは?)すごくありますね。前回、最後の最後でダウン取られてしまったんで、今回はしっかり倒しにいきたいと思います。

(前回の対抗戦はかなり盛り上がりを見せた大会だが、今回はどんな試合を見せたい?)そうですね、前回はけっこう盛り上がって。今回も盛り上げたいと思っています。(ファンへのメッセージ)前回負けてしまったので、今回しっかり勝って、次につなげたいと思います。応援よろしくお願いします、押忍」