2020.02.23

 2月23日(日)東京・千代田区のベルサール神田にて、2月24日(月・休)後楽園ホール「Krush.111」の前日計量・会見が行われた

 セミファイナルは軍司泰斗とスリヤンレック・オーボートー.ガムピーの激戦必至の一戦。当初は軍司と林勇汰の対戦が決定していたが、林が負傷欠場。その代役として、昨年12月のK-1名古屋大会で武居由樹と対戦し“超激闘型ムエタイ”に違わぬ壮絶な試合で武居を追いつめたスリヤンレックが選ばれた。

 過去最強クラスの強敵を迎え撃つ軍司は「勝つのは当たり前。しっかりここでKOしてもっと上に行きたい」と堂々宣言。「スリヤンレック選手も打ち合う選手なんで、すごい打ち合いになって面白い試合になると思う」と“超激闘型ムエタイ”との打ち合いを約束した。

 一方のスリヤンレックは「以前K-1ルールは難しいと感じる部分もあったが、今回はもっと楽に戦えると思う」とK-1ルールへの適応に自信を示し「自分も明日はKOで倒したい。その先にKrushのチャンピオンがいると思っている」とKrushでの王座奪取にも意欲を示した。

 両者共にKOを宣言した日泰激闘派対決、瞬き厳禁の打ち合いを制するのは果たして!?

スリヤンレック・オーボートー.ガムピー
「今のコンディションは100%に仕上がっている。(前回の武居戦から強化してきたことは?)K-1ルールに慣れるための練習をしてきた。以前はK-1ルールは難しいと感じる部分があったが、今回はもっとに楽に戦えるんじゃないかと思う。(軍司はKOを宣言しているが、それに対してどういう試合をしたい?)自分も明日はKOで倒したい。その先にKrushのチャンピオンがいると思っている。

(軍司を実際に見ての印象は?)とても良い身体つきをしていると思った。明日は楽しい試合になると思う。(ファンのみなさんにメッセージは?)タイのファンのみなさん、日本のファンのみなさん、明日はぜひ応援よろしくお願いします。明日は必ず勝ちます」

軍司泰斗
「勝つのは当たり前なんで、しっかりここでKOして、もっと上に行きたいと思ってます。(スリヤンレックの公開練習や試合を見た印象は?)蹴りとか強いんだろうなと思って、一番警戒してるのはローです。しっかりローを警戒しながら、どうやってパンチを打ち込みに行くのか。ずっと練習をしてきました。(計量・会見で実際に顔を合わせた印象は?)顔つきを見てもやっぱり強そうだなって。タイ人独特の強さというか、そういうオーラを感じました。

(打たれ強いスリヤンレックをどうやってKOする?)一発では倒れる選手じゃないと思うので、しっかり何発も当てて、最終的にフィニッシュして終わらせたいと思ってます。(スリヤンレックは公開練習では『そんなに怖い相手じゃない』と言っていたが?)何か悔しいっていうか(苦笑)、明日ちゃんと倒すところを見せるので、どれだけ差をつけられるか見ていてほしいですね。

(今回も減量は苦しそうだが?)いつも通り減量はきついんですけど、前回に比べたら全然落ちるペースも早かったんで、今回は楽っちゃ楽でしたね。ここからリカバリーして、体重も増え過ぎないようにしっかり調整しながら明日に臨みたいなと思います。(ファンのみなさんにメッセージは?)スリヤンレック選手も打ち合ってくる選手だと思うんで、凄い打ち合いになって面白い試合になると思うんで、応援よろしくお願いします」

 

選手登録