2020.02.22

 2月22日(土)SHIBUYA109イベントスペースにて「『K'FESTA.3』3.22さいたま大会サンテンニイニイK-1見ようぜ!by SHIBUYA109イベントスペース」が行われた。

 このイベントは3月22日(日)さいたまスーパーアリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K'FESTA.3~」に向けた無料公開イベントで、さいたま大会の出場選手たちが参加した。

 イベントの第2部では今大会の[K-1&ISKAダブルタイトルマッチ]に臨むK-1王者・武尊とISKA世界王者アダム・ブアフフの公開調印式を実施。両選手だけでなくK-1プロデューサー中村拓己、ISKAヨーロッパ代表ポール・ヘネシー氏も登壇し、それぞれ試合についてコメントした。

 K-1王者として史上初のダブルタイトルマッチで2冠を狙う武尊は「史上初の偉業を成し遂げるのは僕しかいない。思いっきり殴り合って最高の試合をして勝つ」と宣言。対するブアフフも「すべてを犠牲にして格闘技に命を懸けてやってきた。全身全霊をかけて戦うし、負けるつもりは一切ない」と闘志を燃やした。

K-1プロデューサー
中村拓己
「これまでK-1のリングにISKAのチャンピオンたちが上がり、日本でもISKAのタイトルマッチが行われてきましたが、K-1のリングでK-1とISKAのベルトを同時にかけたダブルタイトルマッチを行うのは初めてのことです。このダブルタイトルマッチを認めていただいたISKAヨーロッパのポール・ヘネシー代表、ISKA関係者のみなさまに感謝したいと思います。この試合の勝者はK-1とISKAの二本のベルトを手にするという偉業を成し遂げる、K-1の新たな歴史を創るチャンピオンになると思います。ぜひ皆さまご期待ください」

K-1スーパー・フェザー級王者
武尊
「3月22日にK-1とISKAのダブルタイトルマッチが決まりました。僕は格闘技を始めた頃からK-1を見ていて、ISKAのベルトは魔裟斗さんやジェロム・レ・バンナ選手だったり、K-1の歴史を創った人たちが獲ってきたベルトです。ずっとISKAのベルトを巻きたいという気持ちがありました。『K'FESTA.3』という大舞台でダブルタイトルマッチが決まって、史上初の偉業を成し遂げるのは僕しかいないと思うので、試合が終わった時にK-1とISKAのベルトを2本巻いてリングに立っていたいと思います。

(ダブルタイトルマッチに臨む心境は?)この試合のために年明けからアメリカに合宿に行って、ずっと追い込みをやって準備を進めてきました。試合までに最高の身体を作って絶対に勝ちます。いつもは試合直前まで対戦相手に会うタイミングはないのですが、実際にブアフフ選手の顔を見て目を見て、いい選手だと思いました。思いっきり殴り合って最高の試合をして勝ちます。

 今回僕が負けたらK-1のベルトが海外に流出することになります。K-1代表として負けられないし、K-1は世界最高で最強の団体じゃないといけないと思います。立ち技最強を決めるのはK-1なので、ISKAのチャンピオンには負けないです。

(どのくらいの試合の時間で勝ちたい?)早ければ早いほうがいいですが、おきゃくさんに伝わる試合をしたいので3分3Rフルに殴り合って、試合時間残り1秒で倒すぐらい、すべてを見せてKOしたいです。でもKOで勝てたら何ラウンドでもいいです。

(まだ試合順は決まっていないが?)メインイベントは僕の試合以外ないと思っています。今回はトーナメントではなく、タイトルマッチ(ワンマッチ)なんですけど、この試合が当日一番最高の試合にあると思うのでメインイベントで間違いないと思います」

ISKAヨーロッパ代表
ポール・ヘネシー
「こうしてK-1とISKAのダブルタイトルマッチが出来ることを光栄に思っています。K-1とISKAのダブルタイトルマッチは歴史上、初めての試みとなります。ブアフフはISKAのチャンピオンのなかでも強い選手で、簡単に勝つことは出来ないと思います。この白いベルトを守るために激しい試合をしてくれると思います」
ISKA世界ライト級王者
アダム・ブアフフ
「まずこういった試合に呼んでもらえることをうれしく思う。K-1は小さい頃から夢見ていた舞台で、ずっとK-1に憧れて厳しい練習を積んできた。この試合は白熱した良い試合になるだろう。(ダブルタイトルマッチに臨む心境は?)歴史に残る試合に参加できることをうれしく思う。この試合のために準備してきたし、必ず勝とうと思う。

(改めて武尊の印象は?)武尊が強いことは分かっているが、自分も小さい頃から格闘技をやってきて、すべてを犠牲にして格闘技に命を懸けてやってきた。全身全霊をかけて戦うし、負けるつもりは一切ない。

(どんな試合をファンに見せたい?)自分はK-1のファンとして育ってきて、日本で試合できることがうれしいし、日本のファンを楽しませる試合をしたい。これまでK-1、そしてスターになった外国人たちのように、自分も日本のファンの心に残る試合をして自分の存在をアピールしたい」

 また調印式後のトークコーナーにも登場した武尊は、今大会が3月29日(日)16:00~テレビ東京系列全国6局ネットでの地上波中継が決定したことについてコメント。「僕はK-1をみなさんでテレビの前で見てほしいと5~6年言い続けてきました。今回はその第一歩として地上波放送が決まって、東京・関東だけじゃなくて、全国のみなさんにK-1の面白さが伝わればいいと思います。放送枠がまだ1時間ほどなので、その枠に入るには良い試合をしないといけない。僕が良い試合をして地上波全国放送に映りたいと思います」と語った。