2020.02.12

 2月12日(水)「K-1 AWARDS 2019」にて、3月22日(日)さいたまスーパーアリーナで開催される"K-1年間最大のビッグマッチ"「K-1 WORLD GP 2020~K'FESTA.3~」の追加対戦カードとして【K-1 WORLD GPクルーザー級タイトルマッチ/3分3R・延長1R】王者シナ・カリミアンvs挑戦者・愛鷹亮が発表された。

 両者は昨年8月K-1大阪大会のスーパーファイト(日本vs世界・5対5)で対戦し、大方の予想を覆して愛鷹がカリミアンを右フック一発でKO。続く11月K-1横浜大会でタイトルマッチでの再戦が決まっていたが、カリミアンが大会直前に負傷欠場となっていた。

 その両者のタイトルマッチが「K'FESTA.3」のリングで遂に実現。カリミアンと愛鷹は「K-1 AWARDS 2020」にともに出席し、タイトルマッチに向けての意気込みを語った。

 なおカリミアンは愛鷹との対戦に向けて、新たな練習環境としてPOWER OF DREAMでの練習を希望。K-1がその意向をPOWER OF DREAMに伝え、調整した結果、カリミアンは今大会からPOWER OF DREAM所属として試合していくことが発表された。

シナ・カリミアン
「みなさんこんばんは、POWER OF DREAMのシナ・カリミアンです。まずは昨年の年末、怪我に見舞われて欠場することになってしまったことを本当に残念に思っています。ただし今年素晴らしい環境で素晴らしい練習をし、最高の状態で試合を迎え、誰が一番強いかをリングの上で証明したいと思います」

愛鷹亮
「今回こんな大きい舞台でタイトルマッチをやらせていただいて、本当にありがとうございます。前回はカリミアン選手の怪我で試合が流れてしまったんですけども、自分達は格闘家なので怪我は付き物ですし、仕方がないと思います。次こそは絶対万全の体調で来てくれると思いますし、自分も当日史上最強の愛鷹亮になって、必ずベルトを奪取します。応援よろしくお願いします」