2020.02.09

 2月9日(日)東京・飯田橋のホテルメトロポリタンエドモントにて「K'FESTA.3」3月22日(日)さいたまスーパーアリーナ大会の第4弾対戦カード発表会見が行われた。今大会のプレリミナリーファイトとして以下の4カードが決定した。

[プレリミナリーファイト/K-1クルーザー級/3分3R]
植村真弥(日本/WSRフェアテックス幕張)
VS
谷川聖哉 (日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)

[プレリミナリーファイト/K-1スーパー・バンタム級/3分3R]
吏羅(日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)
VS
“狂拳”迅 (日本/WIZARDキックボクシングジム)

[プレリミナリーファイト/K-1スーパー・バンタム級/3分3R]
璃明武(日本/K-1ジム総本部チームペガサス)
VS
龍斗(日本/K-1 GYM横浜infinity)

[プレリミナリーファイト/K-1ライト級/3分3R]
東本央貴(日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)
VS
蓮實光(日本/パラエストラ栃木)

 植村は昨年の初代Krushクルーザー級王座決定トーナメントで活躍。ハンマーでボディを鍛える練習方法が話題となり、地上波バラエティにも取り上げられた。対戦相手の谷川は空手で輝かしい実勢を残して、今年からK-1 GYM SAGAMI-ONO KRESTに所属。今回がK-1 JAPAN GROUP初登場となる。

谷川聖哉
「K-1 GYM SAGAMI-ONO KRESTに移籍させていただいて一発目の試合で『K'FESTA.3』という大きな舞台に立てることをうれしく思います。大舞台で試合をさせてもらう以上、きっちり結果を残してクルーザー級の日本人エースは僕ということを見せていきたいです。(対戦相手の印象は?)パンチがすごく強い印象です。試合が終わったあとに僕のパンチとハンマーどっちが強かったかを教えてもらいたいです。(大舞台でどんな試合をしたい?)正直クルーザー級は外国人が強いと思うので、ここから名前がある日本人を一人一人倒して、いずれは強い外国人と戦って重量級を盛り上げたいです。

(K-1参戦を決めた理由は?)日本の格闘技は軽量級の選手が主に活躍している中、K-1は重量級の試合もあって、昔から僕もK-1を見て空手を始めて今に至ります。そのK-1で結果を出して自分自身の名前も売りたいと思いました。(K-1・Krushのクルーザー級の試合を見た感想は?)僕がいないトーナメントで一番強いと言われることが歯がゆくて、重量級には僕がいるのになと思っていました。同じジムの先輩の武尊さん、野杁正明さん、山崎秀晃さん、同じ階級の愛鷹亮さんみたいに結果を出して『K-1の重量級=谷川聖哉』や『K-1クルーザー級には谷川がいるからどんな選手が来ても大丈夫!』と言われるようになりたいです」

植村真弥
「K-1に呼ばれてうれしいです。結果を残せるように頑張ります。(対戦相手の印象は?)こういう会場でいっぱいしゃべれてうらやましいと思います。(大舞台でどんな試合をしたい?)大きい舞台で緊張すると思うけど結果を残したいので、勝って次につなげたい」

 吏羅はテコンドー出身で多彩な蹴り技とトリッキーなファイトスタイルの持ち主。対する“狂拳”迅 はK-1・Krushで活躍中の斗麗の実弟で、2003年生まれの16歳。軽量級らしいスピーディーな展開が期待される一戦になった。

“狂拳”迅
「1月のKrushでプロデビューして、すぐ大きい大会のオファーをいただいて自分が一番驚いています。でも自分がやることは変わらないです。相手をぶっ飛ばすだけです。(対戦相手の印象は?)くるくる回る人って聞いているので、それだけです」

吏羅
「KOします、以上です。(対戦相手の印象は?)華があるなって思いました。今回はあんまり回らず今までとは違ったファイトスタイルでやろうと思います。(昨年の『K'FESTA.2』で対戦した璃明武も今大会に出場するが?)前回Krushの璃明武選手の試合を生で見たんですけど、自分より派手な蹴りでKOしていて悔しかったです。ここから勝ち続けてどっちの回転技がヤバいかを決めたいです」

 璃明武はK-1ジム総本部所属でプロ戦績5戦5勝無敗のホープ。昨年12月のKrush後楽園大会では鮮やかなバックスピンキックでKO勝利を収めた。対する龍斗はK-1ジム横浜所属で、昨年11月のK-1横浜大会以来のK-1参戦。前回のプレリミナリーファイトではドローに終わっており、K-1での初勝利を目指す。

龍斗
「前回の横浜大会では情けない試合をしてしましました。今回は大きい舞台なのでインパクトを残して倒して勝ちたいと思います。(対戦相手の印象は?)ヒザ蹴りが強い。自分の後輩が璃明武選手と試合をして、ヒザ蹴りで唇が貫通していたので、そこに気をつけて戦います。なんでも倒せるようにしたいです」

璃明武
「次の試合、勝つのはもちろんなんですけど、今年はKrushのベルトを獲りたいと思うので、しっかりインパクトがあるKOをしたいと思います。(対戦相手の印象は?)バランスのいい選手だなと思っています。自分は去年も『K'FESTA』のプレリミナリーファイトに出たので、来年は本戦に出られるように、今年一年しっかり活躍していきたいと思います。(昨年の『K'FESTA.2』で対戦した吏羅も今大会に出場するが?)今、1年前にここで会見をしたなと当時のことを思い出しました。お互い上に行ってまた当たればいいなと思います」

 東本はK-1・Krushのライト級戦線で活躍しているファイター。一時期は連敗が続いていたが、1月のKrushでは見事なバックブローでKO勝利を収めた。対する蓮實はK-1 JAPAN GROUPでは勝っても負けてもKO決着という“倒すか倒されるか”を実践するファイター。両者ともに一撃で相手を仕留める武器を持っているスリリングな打ち合いになるだろう。

蓮實光
「最高で最強のK-1のリングに立つことができます。きっちりKO決着で倒します。(対戦相手の印象は?)前回KO勝ちしていて、ハンバーガー屋さんもオープンしたみたいで勢いがある選手だと思います。その勢いに飲まれず僕がKO勝ちする試合をしたいと思います。ちなみに僕もパラエストラ栃木をリニューアルしたのでよろしくお願いします(笑)。(大会場で戦う心境は?)これからK-1の本戦で試合したいので印象と勝ち方にこだわります」

東本央貴
「2週間前くらいに試合をやって勝ちました。ただそこで浮かれていられないと思って、すぐに試合をやりたかったので、オファーをいただいてすぐ受けさせてもらいました。今年はどんどん試合をやっていきたいので必ず勝ちます。(対戦相手の印象は?)去年オープンしたハンバーガー屋さんが忙しくて相手の映像を見てないんですけど(笑)、これからゆっくり見ようかなと思います。(大会場で戦う心境は?)僕は会場どうこうは関係ないと思っているので、普段通りの試合をして頑張りたいと思います。この試合に勝って自分とお店を宣伝していきたいと思います」