2020.02.09

 2月9日(日)東京・飯田橋のホテルメトロポリタンエドモントにて「K'FESTA.3」3月22日(日)さいたまスーパーアリーナ大会の第4弾対戦カード発表会見が行われた。

 K'FESTA初出場となる山崎秀晃とプロ戦績4戦4勝の注目の新鋭・寺島輝との一戦がスーパーファイトで決定した。山崎は怪我で長期欠場を強いられた時期もあったが、昨年11月のK-1横浜アリーナ大会で全盛期を彷彿とさせる圧勝劇で瑠久を1RKO。今年1月には自ら志願して出場したKrush後楽園大会でも堀井翼を1RKOで下して完全復活を印象付けた。

 対する寺島は昨年4月のKrushでプロデビューを飾ると、3戦3勝3KOというパーフェクトレコードを記録。4戦目となった韓国のクォン・ギソプとの一戦で記録は途絶えたものの、4連勝で一気にK-1の大舞台まで駆け上がった。

 会見では寺島が「山崎選手が格上だからと言って胸を借りる気は全然ない。その胸をぶっ壊して、僕が次のステップに進みたい」とリスペクトを示しながらも“山崎越え”を宣言。これを聞いた山崎が「K-1のスーパー・ライト級がどういうものか、しっかり拳で伝える」とコメントすると、寺島も「『拳で伝える』という言葉の重さを、僕は対戦相手として凄く重く感じてます。それに負けない、絶対に負けないという断固たる決意を試合までに固めます」と、その言葉を真っ向から受け止めた。

寺島輝
「まず自分にしかメリットのない試合を受けてくださって、山崎選手にありがとうございますとお礼を言いたいです。去年の『K'FESTA』は先輩の大沢文也くんのセコンドで裏側から見ていて、当時の僕はまだアマチュアでした。まだデビューして1年経ってないのですが、今年はこの舞台で、しかもスーパーファイトで呼んでもらえることをすごい嬉しく思います。呼んでいただいたからには、もちろん熱い試合をしますし、山崎選手が格上だからと言って胸を借りるという気は全然ないです。その胸をぶっ壊して、僕が次のステップに進みたいと思うんでよろしくお願いします。

(対戦相手の印象は?)山崎選手はどんな相手でも妥協しないイメージです。最近の山崎選手の相手のなかで僕はおそらく一番格下の相手というイメージになると思いますが、山崎選手は気を抜いて大技をしかけてくるとか、そういうことをしないで、全力でぶつかってきてくれると思います。山崎選手の印象はどんな相手にも全力で戦って怖さのある、蹴りもパンチも怖いものがたくさんある選手だと思います。自分も元々は伝統派空手出身で、極真空手と伝統派空手を両方やってるミックスファイターなので、色んな自分の経験を糧にして倒しにいけたらと思います。

(山崎と対戦すると最初に聞いた時はどう思った?)先輩の大沢文也選手に『お前ヤバイぞ!』って言われてビビらされた…というのが正直な印象ですね(苦笑)。山崎選手のことはアマチュアの頃から、K-1が代々木体育館でやってる頃からずっと見てる選手だし、もちろん憧れている1人のファイターでもありました。その選手とこうして、まだデビューして1年も経ってないのに拳を合わせて試合が出来るというのはもちろんうれしいですし、それを『拳で伝える』と言われた重さを、僕は対戦相手として重く感じてます。それに負けない気持ちや勇気だったり、絶対に負けないという断固たる決意を、試合までに固めてしっかり良い試合が出来ればと思います」

山崎秀晃
「1月に続いて3月もオファーをいただいてありがとうございます。最近じゃ若手に下克上をさせないスタイルの試合が多いですが、僕はしっかりどんな相手でもリングで山崎秀晃のプロフェッショナルをファンのみなさんにお見せするだけです。しっかり僕のスタイル、K-1というものを見せていければ自然と楽しんでもらえると思うので、ぜひそういう形で試合を見てもらえたら嬉しいと思います。

(対戦相手の印象は?)正直、試合が決まってから少し映像を見させてもらっただけですが、極真空手出身ということで下半身が凄く強くて、右も左もしっかり出来るファイターやなって印象ですね。勝ち方も派手やったり、顔も良いんでこれからしっかり人気も出てくる選手やろうなという印象です。ただまあK-1のスーパー・ライト級がどういうものかを、しっかり拳で伝えていければいいかなと思います。

(寺島の熱い意気込みを聞いてどう思った?)寺島選手はイケイケの最近の若い子とはちょっとタイプが違って、リスペクトを持って僕の前に立ってくれているなと。最初にこの試合の話を聞いた時は『どういう心境で僕との試合を受けたのかな?』という心境やったんですけど、しっかりとこういう過程があって、目標にしているところもある、しっかり芯を持った選手だと思いました」