2019.12.26

 12月26日(木)愛知・公武堂MACS GYMにて、12月28日(土)愛知・ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)で開催される“K-1冬のビッグマッチ 第2弾 名古屋”「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~初代女子フライ級王座決定トーナメント&スーパー・ライト級タイトルマッチ~」の[スーパーファイト/-56kg契約/3分3R・延長1R]で武居由樹と対戦するスリヤンレック・オーボートー.ガムピーが公開練習を行った。

 蹴りと組んでのヒザを武器とする選手が主流となるムエタイにおいて、パンチを主体とする激闘派として知られるスリヤンレック。今回がK-1初参戦となるが「K-1で戦うことは初めてで、とても興奮している。この舞台に立てることを嬉しく思う。コンディションはとても良いし、日本の気候も問題ない」という言葉通り、公開練習ではスーパー・バンタム級らしからぬ重厚感あるパンチと蹴りを繰り出し「しっかり打ち合うための準備をしてきたよ」と不敵に笑った。

 対戦相手の武居について聞くと「いいパンチを持っていると思う。面白い(トリッキーな)攻撃も多数持っているようだね」と冷静に分析し「試合のイメージ? 試合は何が起こるか分からないものだから、それは試合になって見ないと分からない」と試合そのものを客観視する。

 しかし「武居をKOする自信はあるか?」という質問に対してスリヤンレックは「おそらく自分が武居をKOすることになるだろう。パンチでKOするよ」と自信たっぷり。「土曜日に自分の名前を覚えてほしい。おそらく武居選手は初めてKO負けを味わうことになるだろう」とKO勝利を予告した。

 

選手登録