2019.12.26

 12月28日(土)愛知・ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)で開催される“K-1冬のビッグマッチ 第2弾 名古屋”「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~初代女子フライ級王座決定トーナメント&スーパー・ライト級タイトルマッチ~」。今大会の[プレリミナリーファイト第4試合◎K-1フェザー級/3分3R]で対戦する新美貴士と髙橋直輝のコメントを公開!

新美貴士
「本戦ではないのが悔しいですが、K-1名古屋大会に参戦できたことを嬉しく思います。(前回の試合を振り返って)ダメな試合でした。これからはもっと圧倒的に勝たないとダメですね。今まで自分のファイトスタイルに迷いがありましたが、今はそれがなくなったので正しく練習が出来ています。(対戦相手の印象は?)いずれ対戦しそうだなぁと思っていました。誰が相手でも圧倒するだけです。アグレッシブに戦い、最終的には倒したいです。力まず狙わずで自然にKOを見せたいと思います。パンチでも蹴りでも何でも出来るところを見せたいです。(ファンのみなさんにメッセージは?)愛を知る県、愛知県でK-1が開催されるのでプレリミナリーから試合を盛り上げます。必ず勝ちますので応援よろしくお願いします」

髙橋直輝
「今回K-1のプレリミナリーファイトに出場が決まって、こんなにすぐ大舞台に立てることが出来て、すごく嬉しいです。(格闘技を始めたきっかけは?)小さい時にK-1を見て、幼稚園の年中さんの時に格闘技をやりたくなりました。ただなぜかK-1を見たのに、キックボクシングではなくボクシングをやりました。(対戦相手の印象は?)パンチが強く、ガードが上手いです。『小さな木村"フィリップ"ミノルさん』という印象があります。(どんな試合をしたい?)髙橋の試合が面白くないという噂があるようなので面白い試合をして勝ちたいですね。今回のテーマは“自分の出せることを出せる限界まで”です。みなさんにはパンチも蹴りも出来るということをアピールしたいです。(ファンのみなさんにメッセージは?)絶対に面白い試合をします。皆さんも楽しめる良い試合をしますので応援よろしくお願いします」

 

選手登録