2019.12.21

 12月20日(金)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて記者会見が行われ、1月25日(土)東京・後楽園ホール「Krush.110」の第2弾対戦カードが発表された。

 佐野純平vs竜樹のスーパー・フェザー級戦が決まった。佐野は11月のK-1横浜大会のプレリミナリーファイトで久保一馬に勝利し、今回の試合で初の連勝を狙う。対する竜樹はウィラサクレック・フェアテックス九州に所属し、K-1 JAPAN GROUPでは昨年11月のKHAOSで将 -masa-に勝利して以来の試合となる。

 竜樹は「ウィラサクレックはゲーオやゴンナパー、東京の選手が目立ってると思うんですけど、九州にも強い選手がことをアピールしたい」とKrush初参戦での勝利に燃える。一方の佐野は「僕はまだ連勝をしたことがないので必ず連勝します」と力強く勝利を宣言すると「8月に負けた中島千博選手にリベンジしたいんで、それに辿り着くまで絶対負けないです」と中島へのリベンジを達成するまでは勝ち続けると誓った。

竜樹
「今回Krush初参戦なんですけど、初参戦から本戦で試合を組んでもらって相当気合いが入ってます。ただKrushに出るだけじゃ意味がないと思ってるんで、しっかりインパクトが残るような勝ち方をしたいと思います。(対戦相手の印象は?)印象は特にないんですけど、僕よりキャリアが上なんで、この試合に勝ったら良い感じで知名度を上げるチャンスなのかなと思ってます。

(名称が戻るKrushに憧れやこだわりは?)KHAOSに出た時からKrushにずっと出たいと思ってたんで、そのリングに上がることは光栄だと思っています。(この試合でアピールしたいポイントは?)自分はパンチが得意とかキックが得意とかはなくて、全体的に色んな技が出せて、どの技でも倒す自信があるんで、そういうところを見てほしいです。(ファンの皆さんへメッセージは?)ウィラサクレックはゲーオやゴンナパー、東京の選手が目立ってると思うんですけど、九州にも強い選手がことをアピールしたいです。」

佐野純平
「僕はまだプロで連勝をしたことがないので必ず連勝します。(対戦相手の印象は?)映像を見たんですけど、ムエタイのバックボーンがあるけどパンチの回転も早くて、けっこう良い選手だと思います。(今回は相手が挑んでくる立場での試合だが?)そういう状況は初めての立場だと思うんですけど、そこはあまり考えず、一戦一戦自分はずっと挑戦者のつもりでいるので頑張ります。

(名称が戻るKrushに憧れやこだわりは?)Krushでは僕自体あんまり戦績が良くないんで。Krushで勝ちたい、それだけですね。(この試合でアピールしたいポイントは?)僕はローキックを主体に戦ってるんですけど、今はパンチも練習してるんで、パンチも出しつつ、ローを出しつつ、出せる技を多くしていくことが目標です。

(ファンの皆さんへメッセージは?)自分はまだ連勝をしたことがないんで必ず連勝します。それと8月に負けた中島千博選手にリベンジしたいんで、それに辿り着くまで絶対負けないです」

 

選手登録