2019.12.11

 12月11日(水)東京・K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフにおいて、12月28日(土)愛知・ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)で開催される“K-1冬のビッグマッチ 第2弾 名古屋”「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~初代女子フライ級王座決定トーナメント&スーパー・ライト級タイトルマッチ~」の[スーパーファイト/スーパー・ライト級/3分3R・延長1R]で中野滉太と対戦する平山迅が公開練習を行った。

 平山は8月のK-1大阪大会に出場するも山崎秀晃に判定負け。そこから再浮上を目指しての一戦でPOWER OF DREAMの中野と対戦する。公開練習で平山はシャープでキレのあるシャドーボクシングを見せると、ミット打ちではミドルを中心に大きな打撃音をジムに響かせた。

 前回の敗戦について平山は「山崎選手は知名度もあってパワーもある選手ですけど、自分もパワーでは負けていなかったし、しっかり経験を積んでやっていけば行けるという感触があった」と手応えを感じ、敗戦から立ち直って前を見ている。

 中野戦へ向けて平山はタイに渡り、海外から様々な競技の選手たちが集まるタイガームエタイジムで練習を敢行。「海外のMMAのデカい選手だったり、ムエタイの選手だったり、そういう選手たちと一緒に練習して、彼らを目で見て、肌で感じることが大事だと思った」とムエタイ修行の狙いを語り「練習もシンドかった・キツかったんですけど、すごく内容が濃い練習でした」と充実したタイ修行だったという。

 対戦相手の中野の印象を「1つ1つ持っているポテンシャルがすごい高くてセンスのある選手」と話した平山。

 中野が所属するPOWER OF DREAMは古川誠一会長の指導力・セコンド力がクローズアップされるジムだが「大宮司さん、左右田泰臣先輩、フィジカルを見てもらっている土居先生。僕は本当に尊敬して信用のある方たちに練習を見てもらって、セコンドにもついてもらっています。本当に心強いメンバーと一緒にリングに上がることができている」とシルバーウルフでの練習と周囲のサポートに信頼を置いている。

 対戦カード発表会見では「地元の仲間がスポーツをやりたくても出来ないような病気にかかっている。自分の試合で病気と闘っている人たちを勇気づけたい」「僕の立ち向かう姿や戦う姿でいろんな人に感動を与えていきたい」と熱い言葉が聞かれた平山だが、この日も「僕の熱いファイトでしっかりみんなを元気づけて“自分も頑張ろう”という気持ちを持ってもらいたい。逆に僕もそれで力をもらえる」と再び熱い言葉を口にする。

「自分がKOで勝つ姿で、会場が爆発すると思っています。応援よろしくお願いします」と平山。タイ修行でレベルアップし、入魂のファイトで勝利を掴むことができるか?

 

選手登録