2019.11.25

 11月25日(月)東京・飯田橋にあるホテルメトロポリタンエドモントで“K-1冬のビッグマッチ 第1弾”「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~よこはまつり~」の一夜明け会見が行われた。

 スーパーファイトでミャンマーラウェイ王者・金子大輝とK-1王者として“異種格闘技戦王者対決”に臨んだ林健太。序盤こそ金子の独特のリズムに戸惑う場面も見られたが、1R終盤に右ストレートでダウンを奪うと、2Rも右ストレートを突き刺しKOで王者対決を制した。

 林は「あのトントントントン飛んでるリズムがやりづらかった」と金子の独特の戦い方に戸惑いがあったと明かしながらも「息子にもしっかりKOで勝って喜んでもらえて良かったです」と安堵の表情を見せた。

 今後については来年3月の「K'FESTA.3」への出場に意欲を見せ、過去に敗れているゴンナパー・ウィラサクレック、卜部功也を1RKOで下して衝撃を与えた中国のジュー・シュアイとの対戦を希望した。

林健太
「マイクでも言ったんですけど、8月に倒されて息子を泣かせてしまったのでカッコイイ姿を見せようと思って。ちょっと危なっかしかったですけど、しっかりKOで勝って喜んでもらえて良かったです。(息子さんからのリアクションは?)今回は近くの席で見ていて、試合始まる直前に『パパ頑張れ!』って聞こえたんですけど、目が悪いもんでどこにおるか正確な場所は分かんなかったです(笑)。でも声が聞こえて凄いスイッチが入りました。(試合後には?)長男は『パパかっこよかったよ』って言ってくれたんですけど、3歳の次男は入場の時に意識が飛んだみたいで僕の試合はまだ見てないと思います(苦笑)。

(チャンピオン同士の異種格闘技戦は今までと違った?)試合自体はしっかり倒すことしか考えてなかったんですけど、あのトントントントン飛んでるK-1の人とは違うリズムがやりづらかったですね。(試合後に金子選手と会話は?)閉会式の時に隣になって話したんですけど、最初から思ってたんですけどあの人は絶対良い人です。(ラウェイサンダーとラウェイハンマーの正体は聞いた?)勝ったことにほっとして、それ重要やのに聞くの忘れてました(笑)。

(次は来年3月の『K'FESTA.3』が濃厚だと思うが?)僕自身、3月のK'FESTAがタイトルマッチか気になったのでK-1に聞いたらまだ分からないとのことでした。ゴンナパー選手とはずっとやりたいと思ってたんですけど、最近中々出てきてないのでどうなのかなと思って。僕が(卜部)功也くんとした3月の試合が凄い良い試合やったってみんな言ってくれたんですけど、その後に功也くんが中国のジュー・シュアイに1Rで負けちゃったので。ちょっと僕自身も悔しかったってのがあるんで、ジュー・シュアイともやりたいって気持ちがあります。

(試合後に花道を引き上げる際に『もっと試合します』と発言していたが?)やっぱりKOでは勝ったんですけど、距離感が合わなかったとかで反省点があったんで。もっともっと練習してもっともっと試合して、そこは経験値でカバーしていかなアカンと思って言いました。

(どんなパパになりたい?)どんなパパっていうよりも、12月20日に念願のマイホームが建ちますのでパパとしての仕事を終えたっていうか(笑)。鬼の35年ローンなんですけど、パパが15年払うから息子たちは10年づつ払ってくれよって内訳の話をしたいと思います(笑)。(お値段は?)普段から応援してくださるスポンサーの方達が凄い気持ちでやってくださって、凄い安くしていただいたんですけど、確か47億やったかな(笑)?

(ファンの皆さんへメッセージは?)いつもいつも息子たちの話してますけど、ファンの皆様にもホンマに感謝してます。もっとカッコイイK-1チャンピオンとして勝っていけるように頑張ります。これからも応援よろしくお願いします」