2019.11.17

 11月17日(日)大阪・ハートンホール日本生命御堂筋ビルにて「K-1 KRUSH FIGHT.108」の一夜明け会見が行われた。

 8月に大和哲也に敗れて以来の再起戦となった近藤拳成。高下由暉を相手にジャブを軸に主導権を握ると、2Rに高下をコーナーに釘付けにしてラッシュを浴びせ、最後はカウンターの左フック一閃でKO勝ち。最高の形で来週にジョーダン・ピケオーとの大一番を控えている弟・魁成に勝利のバトンをつないだ。

 一夜明け会見では「大和哲也選手との試合を経て、昨日も成長した姿を見せられたかなと思います」と語り「これからは高下選手の想いも背負って色んな強い選手と戦って勝っていかないと駄目だなと思いました」と拳を交えた戦友の想いも背負って戦い続けると殊勝な言葉を残した。

「昨日は復帰戦をKOで勝てて安心してます。(試合を振り返って)1Rは緊張して動きが硬かったんですけど、2Rからは自分の本来の動きがちょっとは出せたかなと思います。(フィニッシュシーンの左フックは最後まで冷静に相手の動きを見れた?)試合中ずっと相手のことを見るのは意識してるんで。目を使ってしっかりと距離感を意識してるんで、それが一番最後に出たかなと思います。大和哲也選手との試合を経て、昨日も成長した姿を見せられたかなと思います。

(理想的な形で魁成のピケオー戦につなげたが、試合後にはどんな言葉を交わした?)とりあえず僕は安心したんで来週頑張ってくれと言いました。魁成もめっちゃ喜んでくれたんで良いバトンをつなげたかなと思います。(今後の目標は)昨日の試合が終わってから高下選手と少し喋って。昨日は高下選手に勝ったので、これからは高下選手の想いも背負って色んな強い選手と戦って勝っていかないと駄目だなと思いました。これからもっと練習して強くなって、世界のベルトを目指して頑張って行きます。

(ファンの皆さんへメッセージは?)昨日はたくさんの応援ありがとうございました。来週、魁成がピケオー選手と戦うので魁成の応援もよろしくお願いします。ありがとうございました」