2019.11.17

 11月17日(日)大阪・ハートンホール日本生命御堂筋ビルにて「K-1 KRUSH FIGHT.108」の一夜明け会見が行われた。

 K-1大阪大会での蒼士戦に続き2試合連続で“関西下克上対決”となった椿原龍矢だが、スピードとテクニックを活かした本来の戦いを取り戻して黒田勇斗に判定勝ちを収めた。

「K-1大阪からずっと月心会としての流れが悪かったんですけど、何とか断ち切って勝つことが出来て良かった」と試合を振り返った椿原。「自分の中で自分のなりたい姿があるんですけど、その理想が高くてまだなりきれていない」と理想のファイトスタイルとはまだギャップがあるとしながらも「ちょっとずつ強くなって最後はチャンピオンになる。その時にめっちゃ有名になっているつもり」と進化を続けてチャンピオンになってみせると力強く語った。

「K-1大阪からずっと月心会としての流れが悪かったんですけど、何とか断ち切って勝つことが出来て良かったなと思ってます。(試合を振り返って)自分の中で自分のなりたい姿があるんですけど、その理想が高くてまだなりきれていません。でも色々と練習してたことも出たんで、ちょっとは進化出来たんじゃないかなと思います。

(新しいスタイルを見せたいと語っていたが?)今までは倒すことばっかりに意識がいってしまって、足を止めて打ち合ってしまったりとかしていました。僕の持ち味ってやっぱりスピードであったり、ちょっとテクニック出せるところだと思うんで、そういうことをしながらプラス倒せる力をつけていきたいなと思ってます。

 今すぐにパワーをつけるっていうのはやっぱり難しいと思うんですけど、テクニックとかスピードを上げながら徐々に徐々に強くなっていって、やっぱり倒せる選手にはなりたいと思ってます。

(いつもいじっている先輩の和島が圧勝していたことに悔しさは?)そうですね。和島さんには僕がちゃんと勝った後にプレッシャーをかけといたんですよ。それでもやっぱしっかり勝ってたんで、声と気持ちは繊細なんですけど、戦い方は凄い豪快なんで良い先輩やなって思ってます(笑)。(チャンピオンと戦うために一歩抜け出すには何が必要?)やっぱり倒すことももちろんなんですけど、もっと自分の良いところをアピールしながら伸ばしていかないといけないし、ちゃんと埋めなきゃいけないところは埋めていって、チャンピオンに挑戦するに相応しい人間になりたいと思っています。また次にもつながる試合をして頑張って行きたいと思ってます。

(ファンの皆さんにメッセージは?)昨日は応援ありがとうございました。僕はまだめちゃくちゃ強いってわけじゃないと思うんですけど、ちょっとずつ強くなって最後はチャンピオンになる。その時にめっちゃ有名になっているつもりなので、今から応援しておいてもらえたら良いと思います。それと来週のK-1横浜大会で僕の一番しっかりしてる後輩のTETSUが試合に出るんで、そちらの応援もよろしくお願いします」