2019.11.15

 11月15日(金)大阪・ハートンホール日本生命御堂筋ビル12F・マーガレットにて、11月16日(土)大阪・サンエイワーク住吉スポーツセンター(第1体育館)「K-1 KRUSH FIGHT.108」の前日記者会見が行われた。

 セミファイナルはスーパー・ウェルター級注目の日本人対決・和島大海vs藤村大輔の一戦だ。今年3月「K'FESTA.2」で木村“フィリップ”ミノルに敗れて以来の復帰戦となる和島は「自分の良いところを伸ばして、自分の良い部分を全て出し切ってKOする」と勝利を誓い「次にKRUSH大阪大会がある時は自分がメインをやりたい」と大阪大会への想いを口にする。

 対する藤村も「明日は覚悟の違いを見せるような試合をする」としたうえで「11月のK-1横浜大会で城戸康裕vs神保克哉があって、今スーパー・ウェルター級が注目されているところがある。しっかりKOして盛り上げていきたい」と今後のスーパー・ウェルター級戦線につながる試合にしたいと語った。藤村が「噛み合うイメージがある」と予感する一戦、重厚な打ち合いが展開されるのか!?

和島大海
「今回の減量はすごく上手くいって、調子もすごくいいです。大阪で試合をするのも3年ぶりなのでメチャメチャ気合いが入っているので良い試合ができると思います。(藤村は)体が大きくてパンチでゴリゴリ攻めてくる印象です。今回の試合に向けては相手がどうこうって言うより僕の復帰戦でもあるので、自分の良いところを伸ばして自分の良い部分を全て出し切ってKOで勝てればいいなと思っています。

 今回はセミファイナルなんですけど、僕はメインでやりたかったので、またKRUSHを大阪でやるならその時は絶対(KRUSHの)ベルトを獲って今度はメインでやりたいと思います。(ファンへのメッセージは?)明日は復帰戦なので思いっきりのびのびと試合をしてKOで勝ちたいと思います。応援よろしくお願いします」

藤村大輔
「いつもより減量幅が多かったんですけど無事にクリアしてホッとしています。明日の意気込みは覚悟の違いを見せるような試合をしたいと思います。相手の印象はサウスポー、身長高い、本当に教科書通りなのサウスポーの戦い方をしてくる感じです。KO率も高くてとても自分と噛み合うようなイメージがあります。この試合に向けて、11月のK-1横浜大会で城戸康裕vs神保克哉があって、今スーパー・ウェルター級が注目されているところがあるので、しっかり盛り上げていきたいと思っています。もちろんKOする練習をしっかりやってきました。

 セミファイナルだから燃えるとかそういうのはあんまりなくて、やっぱりそういう試合順とか関係なしに自分は中身を重要視したいと思っているので、セミファイナルとかはそんなに意識していないです。(ファンのみなさんへのメッセージは?)明日は初の大阪KRUSHということもあるんですけど、本当に大阪の皆さんを盛り上げられるよう、必ず盛り上げるファイトをしますので応援よろしくお願いします」

 

選手登録