2019.11.09

 11月9日(土)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて「K-1 KRUSH FIGHT.107」の一夜明け会見が行われた。

 元WBO女子世界ミニフライ級王者というボクシングでの輝かしい実績を持ち、キックボクシングでもかつてタイトルを獲っている山田真子のKRUSHデビュー戦。女子アトム級王者・高梨knuckle美穂とも好勝負を繰り広げた女子高生ファイターのMOEを相手に持ち前のボクシングテクニックを存分に発揮する展開にはならず、延長判定の末にからくも判定勝ちを収めた。

 会見でも山田は「全然力を出し切れずに納得行く内容ではなかった」と不完全燃焼といった様子で「練習では凄く調子が良くてパンチのKOで勝つ自信はあったんですけど、試合で実際に動けないと駄目です。会場の緊張感に飲まれないように自分の動きが出来てからだと思います」と次戦以降の本領発揮を誓った。

山田真子
「昨日は応援ありがとうございました。内容的には全然力を出し切れずに納得行くものではなかったんですけど、再スタートを勝利でスタート出来たことが良かったかなって思います。(5年振りの実践で違和感があった?)違和感は特にはないんですけど、何か懐かしいような感じでした。あと今回初参戦だったんで、会場の雰囲気をこんな感じかって自分で実感出来たんで良かったかなって思います。

(対戦相手のMOEは若い選手だが今まで戦ってきた選手とはレベルが違った?)今まで戦ってきた選手たちとレベルを比べるようなものではないと思うんですけど、凄い気持ちが強くて素晴らしい選手だなって思いました。そういうMOE選手のような方と試合を組んでもらって、あんな大舞台で試合を出来たことがとても嬉しいです。

(インパクトを残すという意味では課題の残る試合だったが?)練習では凄く調子が良くて、今回は自分的には正直パンチのKOで勝つ自信はあったんですけど、でも試合で実際に動けないと駄目だと思うんで。練習通りに試合でも会場の緊張感に飲まれないように自分の動きが出来てからだと思います。そこが自分のこれからの課題になるかなって思います。

(ファンの皆さんにメッセージは?)昨日はたくさんの応援ありがとうございました。試合が決まってからたくさんの人に練習などで協力してもらって、地元の方々も本当にありがとうございました。昨日の試合で見つかった課題を自分の中で改善しつつ、これからも決まった試合を一戦一戦大事に戦っていきたいと思いますんで、応援よろしくお願いします」

 

選手登録