2019.11.09

 11月9日(土)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて「K-1 KRUSH FIGHT.107」の一夜明け会見が行われた。

 17歳にして「Money in the KHAOS ROYAL」ライト級トーナメント優勝、今年のK-1甲子園でも優勝を飾るなど華々しい実績を積み上げている龍華。昨日はスーパー・ライト級から階級を落とし、巻き返しを狙う迅也との対戦。1Rに右フックでダウンを奪ったものの、徐々に反撃を許し苦しい内容での判定勝利となった。

 会見でも龍華は「昨日の試合は自分の良くないところがたくさん出た」と悔しさを露わにし、この経験を糧にして更なる成長を誓った。

龍華
「昨日の試合は自分の良くないところがたくさん出ちゃったかなっていう試合でした。(どういったところが良くなかった?)色々と狙い過ぎた部分だったり、相手に合わせて戦っちゃったりとかですね。1R目は自分のペースで戦えてたんですけど、2R以降は相手に合わせて戦っちゃったのが駄目だったかなと思います。

(今後はどういった点を改善して戦っていきたい?)やっぱ熱くなったりしたらパンチも大振りになっちゃうし、戦い方も雑になってきちゃうんで。そういうところを修正していって、もっともっと上にいけるよう頑張りたいです。(今後の目標は?)プロではもっと上の選手と戦って早くベルト巻きたいですし、K-1甲子園も二連覇狙ってます。もっともっと活躍出来るよう頑張って行きたいです。(プロで戦ってみたい選手は?)これといった選手はいないんですけど、上の選手とやらせてもらえるならぜひやりたいです。

(ファンの皆さんにメッセージは?)昨日の試合はレベルの差を見せるとか言ってたんですけど、けっこうイーブンな試合になってしまったんで。そういうところも含めて今後の練習でもっともっと頑張って、こんなもんじゃないんだぞっていうのを見せられるように頑張って行きたいと思います。応援よろしくお願いします」

 

選手登録