2019.11.09

 11月9日(土)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて「K-1 KRUSH FIGHT.107」の一夜明け会見が行われた。

 蓮實光と関川和将の一戦はシャープな右ストレートを再三ヒットさせた蓮實が全てのラウンドでダウンを奪って完勝。蓮實は2連続KO負けを喫したことで新たな戦い方を模索し、K-1五反田ジムへの出稽古なども経て新たなファイトスタイルを構築。「だいぶ自分が理想とするスタイルに近づいてきた」と確かな手応えを掴んだ。

蓮實光
「昨日の試合は自分的には倒しきれなかったっていうのが一番大きいんですけど、課題がまだまだ見つかって、また1つ勉強になった試合だと思っております。自分的には連敗続きだったんで、ようやく本戦で白星をつけられてほっとしています。(※前回の試合は対戦相手の計量失格での不戦勝)

(以前より戦い方が洗練されていた印象があったが練習環境もかなり変えた?)はい。2連敗してどういった理由で負けていたかを自分なりに考えて、周りにも出稽古の方でも教えていただいて。昨日はスタミナ切れちゃったりとかはありましたけど、だいぶ自分が理想とするスタイルに近づけたかなと。スピードを意識してちょっと今までと違うスタイルを昨日は試せて、結果的に倒しきれなかったですけど、ダウンを奪えたんで。少しずつ進歩していければ良いと思ってます。(出稽古は?)K-1五反田ジムで久保賢司さんの下でやらせていただいてます。

(この試合を『大舞台への架け橋』だと発言していたが、その手応えは?)自分はずっとKO決着って言ってたんで倒しきれなかったというのはちょっと大きいんですけども、結果的に1Rずつダウンを奪えてるので。自分のパンチが当たれば倒れるんだっていう自信にもつながったので、大きい舞台でちょっとやってみたいですね。(今後の目標は?)K-1は立ち技最強団体なんで、その最高の舞台である3月の『K'FESTA.3』で返り咲いた蓮實光を見てもらいたいです。

(ファンの皆さんへメッセージは?)昨日の試合からスタイルを変えて、まだまだ進化していける蓮實光に注目していただきたいのと、必ず言った通りにKO決着で『アイツの試合は面白いぞ』という試合をまだまだこれから見せていきますので、応援よろしくお願いします」

 

選手登録