2019.11.09

 11月9日(土)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて「K-1 KRUSH FIGHT.107」の一夜明け会見が行われた。

 第5・第6試合とフェザー級の試合が続く中で、新美貴士は佐野天馬と対戦。公式計量で佐野が900gオーバーし、減点&グローブハンデでの試合になったものの、キャリアで上回る佐野から判定勝利を収めた。

 しかし試合前はKOを宣言していた新美だけに一夜明け会見では反省しきり。これからトップ選手と戦っていくために一発のパワーアップとそれを活かすための脱力を今後の課題として挙げた。

新美貴士
「昨日の試合はあまり自分では納得出来てない試合というか、自分がまだ弱いなって思った試合だったので反省して、また次頑張りたいと思います。(どういったところがまだ弱いと感じた?)一発のパワーが一番弱いなって思いました。もっと強い攻撃が当たってたら展開が変わってたかなと思います。(相手の圧力の強さは感じた?)確かに圧力は強かったんですけど、中国遠征だったりで圧力の強い選手とも戦ってきたので、そこは大丈夫でした。そこよりは自分のパワーが足りてないなって思いましたね。

(トップ選手との戦いも増えてくると思うのが、そのために今足りないものは?)トップ選手と戦っていくには今の実力じゃ本当に足りないんで。パワーを活かすために、脱力して当たる瞬間に強くパンチを入れるとか蹴りを入れるとか。そういうメリハリをつけるための脱力とかですね。

(年末には地元・名古屋でのK-1もあるが?)出させてもらえるんだったらぜひよろしくお願いします。(今後の目標は?)今後はKRUSHでも中国でも良いんですけど、ベルトを巻きたいなってのが1つの目標です。そのためにもっと実力をつけないといけないんで一戦一戦しっかり勝っていくことが大事だと思います。

(ファンの皆さんへメッセージは?)昨日は応援ありがとうございました。こういう試合結果で倒すと言ってて倒せなかったんですけど、とりあえず最低限勝つことは出来たので次はもっと強くなった姿を見せるのでまた応援よろしくお願いします」

 

選手登録