2019.10.31

 10月31日(木)神奈川・クイーンズスクエア横浜1Fクイーンズサークルにて“K-1冬のビッグマッチ 第1弾 横浜”「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN~よこはまつり~」11.24横浜大会の無料公開イベントが行われた。

 第2部ではハロウィンに合わせ選手たちが仮装をして登場。K-1公式サポーターの関根勤さんも参加し、選手と試合へ向けたトークを繰り広げた。

 第3代フェザー級王座決定トーナメントでK-1王座を目指す江川優生は漫画「ワンパンマン」の仮装で登場。完成度の高い(?)仮装に会場が沸くと、関根さんも「江川選手はデビュー当初から注目していて、顔もいいし、当時から『燃えよドラゴン』の時のブルース・リーみたいな体をしていました。伸び率でいうと今1番の買い株ですよ」と絶賛した。
 そして8月K-1大阪大会の日本vs世界・5対5(スーパーファイト)で愛鷹亮にKO負けしたK-1クルーザー級王者シナ・。カリミアンはベルトをかけて愛鷹と再戦。スクリームのお面&血のりのついたおもちゃの刃物を持って登場し「愛鷹に復讐したい」と不敵に語った。

江川優生
「(仮装は)ワンパンマンかくまモンのつなぎのパジャマみたいのしかなくて…これも別にこれ用に買った訳ではなくて、好きで買ったら使い道がなかったんですけど、まさかこういうことになるとは思いませんでした(苦笑)。

(トーナメントは)1回戦からすごい強い外国人選手(ホルヘ・バレラ)と当たることになって、モチベーションも上がっているので楽しみです。練習で普段から(武居)由樹くんとやっていることがすごい自信になっています。練習をやっていても由樹くんは動きが速いので、試合になると相手がゆっくり見えて、楽に感じます」

シナ・カリミアン
「仮にタイトルマッチじゃなくても私にとって試合は試合なので、過去に敗れた愛鷹に復讐したいと思っている。負けた試合のことは全く考えていないし、自分は勝ちに行く。100\%勝つ」