2019.10.14

 10月14日(月・祝)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて「K-1 KRUSH FIGHT.106」の一夜明け会見が行われた。

 第2試合で和夢と対戦した山浦力也は序盤から落ち着いた試合運びで有効打を重ねると、2Rに右クロスで鮮やかにダウンを奪取。3Rに入ると連打から得意の左ボディで2度目のダウンを追加し、KO勝ちとはならなかったもののK-1甲子園王者の本領を発揮してKRUSH初勝利を飾った。

 一夜明け会見で山浦は「今後は負けた相手にリベンジしたいし、チャンピオンも狙っているので勝って上に上がって行きたい」とデビュー戦、2戦目で敗れた斗麗と新美貴士へのリベンジとタイトル戦線浮上を目標に掲げた。

山浦力也
「昨日はKRUSH初勝利を挙げることが出来て素直に嬉しいんですけど、倒せる場面が何回かあって倒しきれなかったので悔しい気持ちもあります。(過去2戦と比べて成長を感じた部分は?)危ない場面が何個かあったんですけど、そこは冷静に対処して自分の攻撃を返すことが出来たので、そこが良かったと思います。

 デビュー戦の斗麗選手、新美選手も凄く強くて、今回の和夢選手もパンチがあって凄い強かったんですけど、そういう試合を経験したことで全体的に成長出来てるかなとは思います。(いずれ敗れた2人にはリベンジしたい?)もちろんしたいです。

(今後の目標は?)今後はもちろん負けた相手にリベンジしたいって気持ちがありますし、もちろんチャンピオンも狙っているので一戦一戦しっかり勝って上に上がって行きたいと思います。(ファンの皆さんへメッセージは?)昨日は応援してくれた皆さんありがとうございました。これからももっともっと上を目指して頑張って行きますので応援よろしくお願いします」