2019.10.14

 10月14日(月・祝)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて「K-1 KRUSH FIGHT.106」の一夜明け会見が行われた。

 打ち合いからのKOを狙う小倉尚也と「もらわず当てる」を試合前に公言していた龍斗の一戦は延長戦の末に判定2-1で龍斗が勝利。延長Rにヒザ蹴りを駆使して前に出て手数を増やした龍斗が接戦を制した。

 一夜明け会見で龍斗は「今回練習でやっていたのが一番苦手なジャブで、試合ではたくさんジャブを突くことが出来た。小倉選手も顔が腫れていたので、良いジャブが打てたと思う」とジャブが小倉の前進を止めるキーポイントだったと振り返り「延長は自分本来のスタイルに戻してガツガツ前に出て、気持ちで行って勝つことが出来た」。

 今後の目標として「どんどん上に行って自分がその輪に入って暴れたい」とトップ戦線への浮上を宣言した。

龍斗
「昨日は応援ありがとうございました。良かった部分も反省する部分もたくさんあったので、次に活かせられる試合でした。あとは後がない試合でしっかり勝てたのが良かったです。(対戦相手の印象とこの試合の勝因は?)印象はやっぱりガツガツ来るタイプで、ちょっとやりづらかったなという部分もありました。パンチは効かなかったんですけど硬くて…ちょっと頭が痛くてガンガンします(苦笑)。でも効く攻撃はなかったので自信をもってやれました。

 あとは今回練習でやっていたのが一番苦手なジャブで、試合ではたくさんジャブを突くことが出来ました。小倉選手も顔が腫れていたので、良いジャブが打てたと思います。今回は練習でやってきたことをけっこう出せたので、ちょっと自信を持ってました。延長まで行ってしまったんですけど、延長は最後自分本来のスタイルに戻してガツガツ前に出て、気持ちで行って勝てたんで良かったです。

(途中まではローで足を止められて苦しい場面もあったが?)ローは自分の受け方がちょっと下手というか、ダメージはなくても受け方が悪いと、見ている人たちからも『効いたの?』とよく聞かれます(苦笑)。ローが一切効かないから、調子に乗ってカットとかしなないのがダメですね。そこがいつも自分の試合の反省点というか。蹴りをカットしない癖が出ちゃった…というか…まずは受け方が悪かったと思うし、そこもずっと課題にしていることなので、しっかり改善していきたいと思います。

(ヒザ蹴りは練習していた?)ヒザはもともと練習して出せるものです。本当はもっと早く出したかったんですけど、一杯一杯になってしまった部分があって、2~3Rからしっかり出せるようになって、小倉選手もけっこうやりづらそうな顔をしてたので良かったです。

(今後の目標や戦いたい相手は?)減量がつらいのもあるんですけど、今回はは接戦だったけど勝つこともできました。減量の仕方もしっかり変えて、スーパー・バンタム級でやっていける身体作りをして、無理なく減量してやっていきたいです。あとはやりたい相手は特にいないんですけど、組まれた試合はしっかり勝てるように練習して、どんどん上に行って自分がその輪に入って暴れて行きたいなと思ってます。

(ファンの皆さんにメッセージは?)昨日は延長まで行って、気持ちを出して勝てたのは本当に皆さんの応援が力になったからです。次戦はまだ決まってないんですけど、決まったらまたたくさんの応援お願いします。頑張ります!」