2019.10.10

 10月9日(水)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて記者会見が行われ、12月15日(日)東京・後楽園ホール「K-1 KRUSH FIGHT.109」の第1弾対戦カードが発表された。

 今月行われる王者・高梨knuckle美穂のタイトルマッチ、11月大会に元ボクシング世界王者・山田真子の参戦など注目度が高まっている女子アトム級でC-ZUKAvs菅原美優の一戦が決定した。

 デビュー前からメディアで取り上げられるなど注目を集めていた菅原。KRUSHではプレリミナリーファイトで経験を積み、今回が本戦初出場となる。迎え撃つC-ZUKAは今年5月に王座決定戦で高梨knuckle美穂にKO負けを喫してからの再起戦で、保育士と格闘技の“二刀流”で結果を出すことにこだわりを持つファイターだ。

 C-ZUKAは保育士研修のため会見には出席できず。主催者を通じてのコメントで「菅原選手は“可愛くて上手い”。特に蹴りが上手いので蹴りの選手と試合できるのは楽しみです」。それを聞いた菅原は「C-ZUKA選手と試合できることを楽しみにしています。蹴りの選手同士なので分かりやすい試合、より自分の持ち味が出せると思います」と“蹴り対決”への意気込みを語った。C-ZUKAがキャリアの差を見せ再起戦を飾るのか? それとも菅原が女子アトム級に新風を吹かせるのか?

C-ZUKA(コメント代読)
「本日は保育士研修のため、会見に参加出来ず申し訳ありません。対戦相手の菅原選手の印象は“可愛くて上手い”です。特に蹴りが上手い印象で、今までパンチの選手と対戦すること多かったので、蹴りの選手と試合できるのは楽しみです。保育士の仕事と格闘技を両立していく中でもしっかりと結果を出しますので、今回もたくさんの応援を宜しくお願い致します」

菅原美優
「C-ZUKA選手はアマチュアの時から知っていて手足が長くてやりづらい印象です。自分もパンチの選手とやることが多くて、C-ZUKA選手は蹴りが多いイメージなので、そういう選手と試合できることを凄い楽しみにしています。

(KRUSH初本戦に出場が決まったことへの意気込みは?)最初の1戦目・2戦目はちょっとプレッシャーもあったんですけど、2戦目で初めて負けて考え方が変わったというか、もっと格闘技と向き合わないと駄目だなと思いました。それから7月の試合で勝てて、またちょっと期間が空いちゃったんですけど12月の試合でやっと本戦に出ることができます。自分の中ではやっと気持ちが落ち着いた中で本戦に出られるという部分が凄い良かったなと思ってます。

(お互いに蹴りが得意なC-ZUKAと戦ってどんな試合を見せたい?)パンチの選手だと近い距離になってワーッとパンチを出しちゃうことが多いんです。でも蹴りの選手だと“蹴ってるな”みたいに分かりやすい試合が出来るかなと思います。より自分の持ち味が出せると思います。(ファンのみなさんへ)12月に向けて一生懸命練習頑張るので応援よろしくお願いします」