2019.09.17

 9月17日(火)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて「K-1 KRUSH FIGHT.105」の一夜明け会見が行われた。

 寺島輝はデビューから2戦連続で1RKOを飾り、昨日の第3試合でも他団体でチャンピオンになった経歴もある周藤亮太を相手に得意の三日月蹴りから右ハイキックで鮮やかにダウンを奪うと、意地で立ち上がった周藤をパンチで攻め立て2度のダウンを追加しKO勝ち。デビューからの戦績を3戦3勝3KOとパーフェクトレコードを更新した。

「昨日はプレッシャーが普段以上にあったけど、その分試合に入ったら吹っ切れて出来た」と試合を振り返った寺島。昨日の試合後のマイクではK-1出場をアピールし「チャンピオンクラスの人とどんどん戦っていきたい」と大物食いのチャンスを狙うと「歳も近くて自分とプロ戦績も似ているんで」と瑠久との新鋭対決にも意欲を見せた。

☆記者会見動画の視聴URLはこちら▷https://youtu.be/ZAY5y7H-dXQ

寺島輝
「昨日の試合はK-1 JAPAN GROUP以外のチャンピオンとの試合でプレッシャーが普段以上にあって、けっこう試合前から思い詰めたこともありました。その分、試合に入ったらけっこう吹っ切れて試合も出来たんで、自分の中では段々慣れてきたのかなっていう印象ですね。(試合の振り返りと対戦相手の印象は?)対戦相手の映像をあんまり見てなかったんで試合中に相手の癖とかを見て戦おうと思ってました。元々ムエタイ選手というのは分かってたんでムエタイの印象で戦ってたんですけど、思った以上に左のストレートが重くて、それを警戒しながらカウンターを合わせようと思って試合を組み立てていきました。

(三日月蹴りを効かせてからのハイキックが勝負の決め手になったと思うが?)三日月蹴りは元々得意なんでどのシチュエーションでも蹴っていこうと思っていて。それで三日月蹴りを蹴って、顔のガードが空いたのが分かったんで途中でちょっと軌道を変えて、目のフェイント入れながらハイキック蹴ってみたって感じでした。

(格闘技のキャリアは?)年中の頃に極真空手を始めて、そのまま15年ぐらいずっとやっていました。その後に伝統派空手を高校で3年間行ってからTANG TANG FIGHT CLUBに入ったんですけど、(大沢)文也くんの教え方が自分の個を伸ばすような教え方で。元々自分が持っているスタイルを曲げずに『こういう風にしたらいいよ、ああいう風にしたらいいよ』とアマチュアの時から教えていただいていました。なのでスタイル的には文也くんの良いところは凄く真似はさせてもらってるんですけど、自分の個を伸ばすような練習をさせていただいてる感じですね。

(試合後のK-1出場をアピールする大胆なマイクとは裏腹にバックステージでは謙虚なコメントだったが?)まあ足元を見て一戦一戦しっかり大事に戦って行かないといけないかなとは思っているんで、そこは正直な感想ですね。(身体つきをみるとナチュラルでライト級にも落とせそうだが、大沢と同じ階級は避けたい?)もちろんそれもありますし、(スーパー・ライト級で)戦っていてもあんまりまだフィジカル差を感じてないんで、全然行けちゃうんじゃないかなと思っています。筋トレもあまりしてないんで、フィジカルは今からつけて身体を改造して行かないとなとは思ってます。

(今後の目標や戦いたい選手は?)スーパー・ライト級で戦いたい選手は、チャンピオンクラスであればどなたでもかまわないです。今回も他団体のチャンピオンと戦わせてもらったんですけど、どんどん上の人と戦っていかないと自分も上に上がれないんで、上の人であれば誰でもかまわないです。やっぱりベルトを目標にしてるんで、タイトルに絡んで行きたいです。名前を挙げるとしたら歳も近くて自分とプロ戦績も同じぐらいなんで、新鋭対決ということで瑠久選手とやっていきたいなとは思ってます。

(ファンの皆さんにメッセージは?)昨日はまたしっかりKOで勝つが出来たんですけど、KOを狙わずに戦っていけば自然と自分はKOになるように戦っているようなつもりでいます。次もまた面白い試合をしてしっかりKOで締めたいと思うんで、ぜひまた応援よろしくお願いします」

 

選手登録