2019.09.17

 9月17日(火)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて「K-1 KRUSH FIGHT.105」の一夜明け会見が行われた。

 カウンターの左フックで先制のダウンを奪い、最後は強烈な左ボディで里見柚己をKOで沈めた横山巧。一夜明け会見では「里見選手はオーラが凄くてとても強い選手だった」と里見を称えつつ「ライト級に上げて減量がほとんどないので動きとしてはベストの状態だった。スーパー・フェザー級、下手したらフェザー級までウェイトを落とせるんで、スーパー・フェザーでやっていくのもありだと思います。自分が今言いたいのはとりあえずタイトルマッチ組んでくれってことだけです」と2階級での王座奪取を見据えている。

 その理由として「昨日の試合で(西京)佑馬くんが負けちゃって、自分的にはちょっと人の試合なんですけど悔しかった。レオナ選手は上手いし強いし。やっぱり上には上がいるんだなって思い知らされた」と、昨日のメインイベントとして行われたスーパー・フェザー級のタイトルマッチに触発されたことを明かした。

☆記者会見動画の視聴URLはこちら▷https://youtu.be/ZAY5y7H-dXQ

横山巧
「昨日の試合を振り返って、里見選手と試合できたことがまず一番嬉しかったです。里見選手はオーラが凄くてとても強い選手だったんで、本当に気を緩めずにしっかり倒せて良かったと思ってます。(昨日の試合では完全にライト級に適応しているように見えたが?)そうっすね。ライト級に上げてから本当に減量がほとんどない状態だったんで動きとしては一番ベストの状態なのかなと。でも全然スーパー・フェザーでも、下手したらフェザー級までウェイト落とせるんで、まあスーパー・フェザーでやっていくのもありかなと。

(以前は両方でベルトを狙うと発言していたが、それは今も変わらない?)昨日の試合で(西京)佑馬くんが負けちゃって、自分的にはちょっと人の試合なんですけど悔しかったですね。やっぱレオナ選手は上手いし強いし。あそこで勝っちゃうのか、やっぱり上には上がいるんだなって思い知らされました。

(試合前には魅力度では横浜市に負けても格闘技では群馬県民として負けないと発言していたが)群馬県って実は総理大臣の輩出が日本一位で4人出てるんですよ。なので5人目になれるように。やっぱ何かネタっていうかバックボーンを持ってないといけないんで、それが自分では格闘技ってことですね。

(今後の目標は?)ひとまず試合が終わって、次に向けて頑張ってるんですけど、自分が今言いたいのはとりあえずタイトルマッチ組んでくれってことだけです。里見選手は本当に強い選手で11月のK-1横浜大会に凄く出たがってたので、もし怪我とかなければ里見選手を横浜大会に出してもらいたいなって思います。僕はK-1でもKRUSHでもどこでもいいんで、とりあえずまあタイトルマッチ組んでくれ、それだけです。(ファンの皆さんにメッセージは?)昨日は本当に応援ありがとうございました。これからももっと強くなって上を目指して行くんでよろしくお願いします」

 

選手登録