2019.09.11

 9月16日(月・祝)東京・後楽園ホール「K-1 KRUSH FIGHT.105」の[プレリミナリーファイト第3試合/K-1 KRUSH FIGHTフェザー級/3分3R]で対戦する足利和正と藤田義文のコメントを公開!

足利和正
「試合に向けた練習で1番記憶に残っているのはジムのメンバーで行った夏合宿です。対戦相手は変則的な選手という印象です。去年KRUSHで壁の高さを感じて自信も少し失いました。そのあとKRUSH以外で試合をさせてもらって連勝という形で今回の試合を迎えるので、再挑戦という気持ちです。勝ち方としては試合の中で相手の弱点を見つけて潰していきたいです。今回は何が何でも勝ちたいので、お客さんにはその気持ちが伝わって面白い試合だと思ってもらえたら嬉しいです。(ファンの皆さんへ)必ず勝ち上がっていくので楽しみにしていてください!」

藤田義文
「今回の試合に向けて、10年間蓄え続けていたヒゲを剃りました。アゴの守りが薄くなった分、敏感になりディフェンス能力が上がりました。対戦相手の足利選手はアグレッシブで熱い試合をする選手という印象です。今回の試合のテーマを球種で例えると『無回転』です。不規則で予想不可能。自分自身も自分がどう動くか分かりません。作戦も対策もない。本能で戦います。KRUSHファンの皆様、優弥道場の秘密兵器、藤田義文です。このリングには多くのファイターがいます。でも実際は2種類のファイターしかいません。それは『俺か、俺以外か』。応援よろしくお願いします!!」

 

選手登録