2019.08.23

 8月23日(金)大阪・コングレコンベンションセンターにて、「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~日本vs世界・5対5&スペシャル・スーパーファイトin大阪~」8月24日(土)エディオンアリーナ大阪(第1競技場)大会の前日計量・記者会見が行われた。

 今大会では日本の精鋭が海外の強豪を迎え撃つ「日本vs世界・5vs5」が実現。会見には出場全10選手=愛鷹亮、シナ・カリミアン、城戸康裕、アントニオ・ゴメス、大泉翔、木村“フィリップ”ミノル、野杁正明、サミ・ラミリ、林健太、デニス・デミルカプがずらりと並び、明日への決戦の意気込みを語った。

 K-1ライト級王者として地元・関西に凱旋する林は最初の計量で62.85kgとリミットをオーバー。まさかの事態となったが、再計量を62.1kgでクリアすると、対戦相手のデニス・デミルカプに対して「相手はイケメンやけど、明日は俺がボコボコにする」と顔面破壊を予告すると、デミルカプも「明日顔が変わっているのは相手の方だ」と火花を散らした。

 オランダの名門メジロジムのラミリと対戦する野杁は「高校生の時にメジロジムでも1週間ぐらい練習させてもらったので、会長のアンドレ・マナートさんに強くなったところを見せたい」と“恩返し”を誓い、スペインの強豪ゴメスと対戦する城戸は「この選手は絶対強いんで…ちょっとびびってます」とゴメスの実力を警戒。ワンマッチながら現クルーザー級王者カリミアンに挑む愛鷹は「まだカリミアンに勝った日本人はいないので、自分がその一番になる」とカリミアン超えに燃える。

 そして元プロボクサー大泉翔とのパンチ対決が注目される木村"フィリップ"ミノルは「パンチで倒すつもりということは明確にしておく。パンチでぶっ倒します」と改めてパンチによる真っ向勝負を宣言した。各選手のコメントは以下の通り。

☆記者会見動画の視聴URLはこちら▷https://youtu.be/HKbLObOlZ64

林健太
「万全に仕上げてたつもりやったんですけど、まさかの実家の体重計が壊れていました(苦笑)。今回このクロコダイルスーツをスポンサーさんに作ってもらって、今日は絶対にお披露目せなあかんかったので、もし計量オーバーで試合を欠場になっていたらやばかったです(苦笑)。今回はそれが一番心配やったんですけど、無事に皆さんの前でこのスーツを見せることができました。対戦相手の顔を見ることができて、思ったより男前っていうかイケメンやけど、明日は俺がボコボコにします。大阪のちょっとした空気を楽しんで明日はぶっ倒れてください。

(再計量になったが体調は?)体調的にはバッチリで過去最強に減量もスムーズやったんですけど、実家の体重計は500g誤差がありました。だからお父さんとお母さんをきつくしかっておきました(笑)。(フェイスオフで睨まれた時にちょっとキレ気味に笑っていた?)思ったより凄い睨んでくるなと思って笑っちゃっただけなんで、全然キレてはないです。睨んでこようが何してこようが、明日はもうホンマに殴りに行くだけなんで全然関係ないです。

(対戦相手の外国人選手の印象は?)映像を見たら凄い身長が高くてリーチもあって蹴りも長いなと思ってたんですけど、さっき目を合わせたときに目線の高さが一緒ぐらいやったから、そんなに身長差はないのかなと。こうやって見ると身体は僕より全然ちっちゃいかなって思うんで、しっかりプレッシャーかけてジリジリとパンチでぶっ倒してやろうと思います」

デニス・デミルカプ
「たくさん練習してきたので明日の試合の準備は万全だ。明日は試合を楽しむよ。(林の『イケメンの顔をボコボコにする』という発言を聞いて)非常に褒めてもらってありがたいが、彼の発言は気にせずに素晴らしいファイトを見せたい。ただ明日顔が変わっているのは彼の方だと思うよ」

野杁正明
「いつも計量直後は声が出ないんですけど、今回は声も出ますし、体調も凄く良いです。対戦相手も調子が良いということで明日の試合が楽しみです。僕が高校生の時にオランダ修行に行って、その時にメジロジムでも1週間ほど練習させてもらいました。今回は相手がメジロジムの選手で、アンドレ・マナートさんが会長ということで、多分マナートさんは僕のことを覚えてないと思うんですけど、僕はしっかりラミリ選手を倒してこれだけ強くなったというところを見せたいなと思ってます。(対戦相手の外国人選手の印象は?)調子は良さそうだなと思ったぐらいです」

サミ・ラミリ
「K-1という素晴らしい舞台で試合ができることを本当に嬉しく思っている。自分はこの試合に向けて本当に準備万端で今日を迎えた。ノイリも準備万端だと思うので試合をやれることが楽しみだ」

☆記者会見動画の視聴URLはこちら▷https://youtu.be/HKbLObOlZ64

大泉翔
「まず僕のことを見て『誰やねん?』ってなったと思うんですけど大泉翔です。自分は元々ボクシングをやっていて、キック2戦目でK-1大阪という大舞台に呼んでもらって、ありがとうございます。よく考えたら関西の人間みんなミノル選手に倒されてるんで、この大阪の地でミノル選手を倒したろうかなって思ってるんで応援よろしくお願いします。
(対戦相手の印象は?)すごい目をしてるなと思ったのと、握手した時に手が分厚かったんでパンチやばそうやなと思います。まあそのパンチが当たらんようにこっちがパンチをバンバン当てて倒したろうと思ってます。相手は世界のミノさんなんですけど、僕が倒して勝ったほうがK-1的にもおもろいかなと思います。
(木村の『この試合で足は使わない』という言葉について)その通りにパンチ勝負できてくれた方が僕はありがたいかなと思うんですけど、最終的にラウンドを重ねてきて負けてきたら蹴ってくるかなと思ってます。まあホンマにパンチで来てくれるんやったら嬉しいっすね。それはそれで負ける気はしないっす」

木村“フィリップ”ミノル
「調子は良いですね。明日は僕の記憶にもみんなの記憶にも残る試合ができたら幸せです。ずっと“まあまあ”(大泉の口癖)と言っていて、ママでも呼んでるのかなって思ったんですけど、明日は本当にそういう展開にしてやろうと思います(笑)。(世界選抜として日本人選手と戦うことについて)前回の日本vs世界の時も同じシチュエーションで、同じ大阪の和島大海選手をぶっ倒したのであんまり気にしてないですね。世界側でやることに段々違和感なくなってきたんで、もうこのスタイルでやっていこうと思います。

(大泉の『パンチだけなら負ける気はしない』という発言に対して)僕はK-1ファイターなので流れで蹴りが出るかもしれませんが、蹴りを効かせることは全く考えていません。流れで当たっちゃったら申し訳ないけど、パンチで倒すつもりというのはちゃんと明確にしておきたいですね。パンチでぶっ倒します」

城戸康裕
「今回本当にまじめに頑張ってきたのでそれを試合で見せたいと思います……って言うわけないでしょ! 2年間ウェルター級(-67.5kg)でやらせえてもらってたんですけど、よく67.5kgまで落ちていたなと思います。この2年間は小旅行のつもりでウェルター級でやらしてもらっていて、僕は20歳からずっとスーパー・ウェルター級(-70kg)でやってきたので、また元のスーパー・ウェルター級に戻ることにしました。

 それで軽く『大阪大会に出ますよ!』と言っていて、元々決まってた相手がいて『ああ、いいですね~』って感じだったんですけど、その選手が出られなくなってしまいました。で、今回代わりに出てきたゴメス選手、『強くね?』みたいな(苦笑)。パパっと勝って夏を楽しもうと思ってたんですけど、彼は強いんで…ちょっと皆さんやさしく暖かい目で見てもらえるとありがたいです。

(対戦相手の印象は?)やっぱりオーラがありますし、試合を見ても強いですね。スペイン人とは試合をしたことがないんですけど、みんなフィジカルが半端ない印象です。でも今日相手を見たら僕の方が足のリーチが長いなって。バンバン蹴っていつも通りの戦いをしようかなって思ってます。でも絶対ゴメス選手は強いと思うので、ちょっとびびってます」

アントニオ・ゴメス
「この素晴らしいリングに立つために16年間格闘技を頑張ってきた。今回は準備万端で来日することができたと思う。(城戸の『ゴメスは強い』という発言に対して)キドは色々言っているが、試合に向けて準備ができていることを願っている。自分は先ほども言ったようにこの舞台に立つことを夢見て、ずっと格闘技を頑張ってきた。格闘技の全てを見せるような試合をお見せするので応援よろしく」

愛鷹亮
「まず大阪K-1に出していただけるということで本当にありがとうございます。相手のK-1チャンピオンのシナ・カリミアン選手は本当に大きくて強い選手なんですけど、自分も一杯練習してきたんで、最後まで気持ちを切らさず、やってきたことを全部出します。日本人でまだ誰も彼に勝ったことがないので、自分がその一番最初の選手になろうと思ってます。(対戦相手の印象は?)フェイスオフの時に身長差があって、カリミアン選手に凄い見下ろされて睨まれました。自分は前職が元警察官でして色々悪い人とか見てきたんですけど、こんな澄んだ目をした人がいるんだと思って、ムカつくとかじゃなくて何か凄い暖かい気持ちになりました(笑)。本当に心の優しい人だと思うんですけど、そこは関係なしに明日はぶっ倒します」

シナ・カリミアン
「まず大阪市民に挨拶します。私は大阪でも勝って、大阪でもファンを増やしたいです。(愛鷹の『こんな澄んだ目をした人がいるんだと思った』というコメントを聞いて)彼はいかつい表情をしているが、僕の考えでは彼も大変やさしい人だと思うよ。ただ警察官だった時は怖かったかもしれないが、今は銃がないから全然大丈夫だね。明日私と戦ったら大変なことになると思うよ」

 

選手登録