2019.08.10

 8月7日(金)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて、10月13日(日)東京・後楽園ホール「K-1 KRUSH FIGHT.106」の第1弾対戦カード発表会見が行われた。

 フェザー級で和夢と山浦力也の一戦が決定した。和夢は1月の「Krush.97」で伊澤波人に敗れて3連敗。K-1 JAPAN GROUPでの白星は2015年以来遠ざかっている。対する山浦はK-1甲子園2018 -60kg王者で、昨年12月のプロデビュー戦では斗麗との新鋭対決に敗れるも好ファイトを展開。続く6月のKHAOSでも実力者の新美貴士に最後はKO負けを喫したが、パンチで新美を脅かす場面を何度も作った。

 会見ではK-1 JAPAN GROUPでの初勝利を狙う山浦に対して和夢が「自分にびびらないでパンチで来てほしい」と打ち合いを誘うと、山浦も「自分もパンチが得意なのでそこはしっかり打ち合って倒したい」と真っ向勝負でのKOを宣言した。

☆記者会見動画の視聴URLはこちら▷https://youtu.be/4T8TMcojKGU

山浦力也
「今回KRUSHの本戦で和夢選手と試合をすることができてとてもワクワクしています。前回のKHAOSで負けているので、今回しっかりインパクトを残して勝てるように頑張りたいと思います。

(対戦相手の印象は?)パンチの印象があるんですけど、しっかり蹴りも出せて全体的にバランスの良い選手だなと思います。(K-1 JAPAN GROUPのリングではまだ結果を出せていないが、初勝利にかける想いは強い?)プロになってからK-1での大会ではまだ勝利がないので、今回は勝つっていうことをテーマに最後まで諦めずに頑張りたいと思います。

(和夢の『びびらないでパンチで来てほしい』というコメントを受けて)自分もパンチが得意なのでそこはしっかり打ち合って倒したいと思います。(ファンの皆さんにメッセージは?)いつも応援してくださる皆さん、本当にありがとうございます。10月13日、最高の状態に仕上げてしっかり倒して勝つので応援よろしくお願いします」

和夢
「自分はここ最近良い結果を出せてなくて、この大会のこの試合は本当に落とせないと思ってるんで1Rから攻めて倒しに行きます。(対戦相手の印象は?)まだ映像とか見てないんで分かんないですけど、去年のK-1甲子園優勝してるってことぐらいですね。

(結果が出ていない中で久しぶりの試合で変えてきたことは?)前回の試合の反省点を活かして、それなりに練習はしてるんで。1Rからパンチで攻めて行こうと思ってるんで、相手も自分にびびらないでパンチで来てほしいっすね。(ファンの皆さんにメッセージは?)10月13日、自分らの試合が一番盛り上がるってぐらいの試合をしようと思ってるんで、ぜひ注目よろしくお願いします」

☆記者会見動画の視聴URLはこちら▷https://youtu.be/4T8TMcojKGU

 

選手登録