2019.07.07

 7月7日(日)大阪・リーガロイヤルホテル大阪にて、8月24日(土)エディオンアリーナ大阪(第1競技場)で開催される「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN」の第2弾対戦カードが発表された。

 新鋭2人によるスーパー・バンタム級スーパーファイトとして椿原龍矢vs蒼士が決定した。K-1甲子園優勝を経てプロ入りした椿原は当時Krush王者であった西京春馬に勝利するなどプロでも実績を積んでいるが、今回がK-1大阪大会には初出場。対する蒼士は2017年8月のKrush名古屋大会で後にK-1 KRUSH FIGHTバンタム級王者となる晃貴をKOしており、昨年12月のK-1大阪大会にも出場済み。両者ともに大阪出身であり、大阪対決となった。

椿原龍矢
「去年出たくても出られなかった大阪K-1、やっと呼んでもらえて今回やる気十分です。大阪でしっかり魅せる試合をするので応援よろしくお願いします。

(スーパー・バンタム級のトーナメントが行われた)両国大会を試合開始からずっと張りついて見ていたんですけど、自分が出てないトーナメントを見るのがめっちゃ辛くて、実力が足りてないなって感じました。トーナメントに出られなかったことはしょうがないので、この試合も勝って、その次も勝って、段階を踏んでしっかりチャンピオンに挑戦できるようになりたいなと思ってます。

(大阪対決となったが)ここで関西同士で潰し合いか…と思ったんですけど、それは当たってしまったものはしょうがないのでしっかり練習を頑張ってこようと思います。僕はスピードとテクニックに自信があるので、しっかりそれを見せながら、パンチか蹴りかどちらか分からないですけど、しっかり倒せるようになりたいと思っています。

 いまめっちゃフィジカルも練習していて、専門学校に通っているんですけど、それでしっかり体のことも勉強して、今までとは違う戦い方を見せられたらいいなと思っています。この先はちょっとでも早くチャンピオンに挑戦してベルトを自分が巻きたいと思っています。

 初めての大阪のK-1の試合で、めちゃくちゃ気合い入ってるので、しっかり僕の試合に注目しておいてください。パワーアップした自分を見せます」

蒼士
「今回同世代の相手で地元・大阪で試合なので、大阪出身同士で負けられません。今回はバチバチ盛り上げた上でKOでしっかり締めたいと思います。しかも椿原選手は結構強い選手とやっていて喰ったらおいしいなと思っているので、しっかり喰いたいと思います。

 前回のトーナメント(両国大会)を見て、燃えた部分もあるんですけど、そこに自分がいてないので、自分に対する悔しさがありました。武居由樹選手がスーパー・バンタム級でトップで突っ走っていて、今のままでは全然敵わないと思うんですけど、練習を積んでしっかりそこに食らいつけるように頑張っていこうと思います。

(椿原とは)同じ関西同士で何回かお話させてもらって、前回の試合の時に椿原選手と初めて知り合いになれた感じでした。こうしてすぐに試合が決まって、そこはしっかり区別をつけて、今日からは敵だと思います。

 椿原選手はリーチが長い選手なので、自分の距離を絶対に潰さないように意識しています。また前回のK-1でスーパー・バンタム級でやってみて結構力の差を感じたので、フィジカルなりパワーなりをしっかりつけてきました。これから1カ月半ぐらいあるんですけど、これからしっかり練習してスーパー・バンタム級でやっていける体にしていこうと思っています。

 K-1のスーパー・バンタム級のトーナメントに出られなかったので、これから決まっていく試合一つ一つを勝っていって、トーナメントに出てもおかしくないなと思われるぐらいまで強くなろうと思います。こういう大きい舞台で、しかも初めての本戦なので、僕の顔をまだ覚えてない方もいてると思うので、しっかり今回の試合で僕の顔を覚えて帰っててください」