2019.06.22

 6月22日(土)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて「K-1 KRUSH FIGHT.102」の一夜明け会見が行われた。

 リーチを活かした攻撃と手数の多いアグレッシブな攻めで龍斗を下しK-1 JAPAN GROUPで初勝利を挙げた黒田勇斗。これまでも試合内容では好勝負を見せてきただけに、会見では初勝利の喜びを表すと、今後は倒せるファイターを目指すと更なる飛躍を誓った。

黒田勇斗
「昨日は応援していただいた方ありがとうございました。僕自身怪我してた時期も含めて勝つのが約3年振りぐらいで、とにかく今は素直に嬉しい気持ちですね。けどまた課題も新たに見つかったんで、しっかり修正して進化した姿を見せれるように頑張って行きたいです。

(対戦相手の印象は?)相手の印象は戦う前から思ってたんですけど気持ちが強くて。龍斗選手凄い良い選手で試合してても面白かったですし、同じジムの(山脇)魁斗からもパンチが強いというのは聞いてたんで。そこをしっかり注意しながらやりました。今回パンチも蹴りも僕の距離で戦えたかなと思うんで、そこが勝ちにつながったのかなと思ってます。K-1 JAPAN GROUPでの初勝利は、とにかく今は嬉しいって気持ちしかないですね。今日はその余韻に浸って、明日からしっかり自分を見つめ直して次に向けてやって行こうかなと思ってます。

(これまで好勝負を見せながら勝ちきれなかったが、それまでと昨日では何が違った?)前までの試合は後半にけっこう巻き返されて負けるって試合が多かったので、しっかり後半も攻めきれるスタミナと手数の多さを意識して戦いました。

(これからの課題と目標は?)やっぱり倒してナンボだと思うので、もっとしっかりパワーをつけて倒せるような選手になりたいです。(ファンの皆さんへメッセージは?)昨日は応援していただいてありがとうございました。僕まだまだ弱いんで、もっと練習してもっと強くなるんで期待しててください。これからも応援よろしくお願いします」