2019.05.27

 5月27日(月)東京・北斗会館押上本部道場にて、6月30日(日)両国国技館で開催される「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメント~」の[スーパーファイト/ K-1スーパー・フェザー級/3分3R・延長1R]でレオナ・ペタスと対戦する小宮山工介が公開練習を行った。

 3月の「K'FESTA.2」では郷州征宜から勝利を収めた小宮山。今大会ではKRUSHを中心に戦い、スーパー・フェザー級戦線のトップファイターの地位を築いてきたレオナ・ペタスとの実力派対決に臨む。

 K-1参戦後、小宮山はK-1ジム北斗会館の代表として試合を続けていたが、選手活動に専念するためにK-1ジム北斗会館の代表を交代。現在は北斗会館押上本部道場を中心に練習漬けの日々を送り、公開練習では得意の前蹴り・回し蹴りも交えながら迫力あるミット打ちを披露し「3月の試合が終わって、大きな怪我もなく調整が出来ています。かなり良い感じで仕上がってます」と調整は順調のようだ。

 対戦相手のレオナについて小宮山は「日本人選手で武尊選手や皇治選手といったトップの選手もいますけど、レオナ選手はその中でも引けをとらない選手だと思います」と実力を高く評価。「僕もレオナ選手もお互いに鋭さを持っていて、剣豪同士の斬り合いのような感じでワクワクしてます。間合いの取り合いも含めて、本当にスリリングな試合になるんじゃないかと思ってます」とこの一戦を心待ちにしている。

 続いて小宮山は「僕が戦ってきた中でも今までにいない選手」とレオナの独特の距離感を評し「特に距離を取って戦おうとは思っていなくて“流れ”ですね。相手の初動に僕の攻撃が入れば良いんじゃないかなと思います。すでに攻撃のパターンは何パターンか出来ているので、試合までにもっと磨いてそのパターンに持ち込みたいですね」と攻略のイメージは出来ている。レオナは「どれだけ相手のことを研究・対策できるかが勝負」だと語っていたが、小宮山は「自分も研究はしてますけど、勝負は時の流れ」と試合での対応力も鍵になるとした。

 また空手家であることに強いこだわりを持つ小宮山は「僕の場合は空手の延長線上でK-1の舞台でも戦っている」と独自の格闘技論を展開した。

「もちろんボクシングジムなどでも練習をさせてもらうのですが、僕の中では空手の追い突きであったり裏拳であったり、教えられたものもそういった捉え方をするようにしています。K-1ルールであっても自分自身がやっているのはあくまでも空手の技ですね。

(小宮山の蹴りvsレオナのパンチという見方について?)レオナ選手はリーチがあって、僕の中ではジャブが印象的で、鋭い攻撃を打つ選手だと思います。それに対して間合いも含めて、まず一番最初に僕の蹴り技が適してるのかなと思います。最近は右の正拳突きも僕の中で手応えがあるので、それも活かせられたら良いなと思います」

 恒例になりつつある「自分を動物で例えるなら?」という問いには「僕が虎で、レオナ選手は鷹ですかね」と答え「僕の生まれ故郷の上田市では武将の真田幸村が身近な存在で、真田幸村が武器にしていたものが槍なんです。僕の前蹴りは槍をイメージしていて、今回は僕の前蹴りも楽しみにしていてください」と小宮山ならでは言葉でレオナ戦を表現した。小宮山は“槍の一撃”でレオナを打ち崩すことができるか?

 

選手登録