2019.05.21

 5月21日(火)東京・飯田橋のホテルメトロポリタンエドモントにて記者会見が行われ、6月30日(日) 両国国技館で開催される「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN」の第三弾対戦カードが発表された。

 K-1への電撃参戦で注目を集める不可思の対戦相手がK-1スーパー・ライト級の実力者・佐々木大蔵に決定した。佐々木は第4代Krushライト級王者で、スーパー・ライト級転向後は第3代K-1スーパー・ライト級王座決定トーナメントにも出場。

 決勝進出を果たすもゲーオ・ウィラサクレックに敗れ、準優勝に終わった。また今年3月「K'FESTA.2」で安保瑠輝也と対戦するも敗北。再びK-1王座を目指すべく、K-1初参戦の不可思と拳を交える。

 対する不可思は団体・ルールを問わず国内の様々なリングで活躍。好戦的なファイトスタイルで国内外のトップファイターを相手に数々の激闘を繰り広げ、5本のベルトを獲得。K-1参戦が決まった際には「K-1の外から喧嘩売りに来た。ヨソモノの俺がK-1のベルト奪うんで見ててください。速攻でベルトを獲りに行く」と大胆不敵に宣戦布告していた。

 会見で不可思は「K-1に来て一発目で佐々木選手のような相手を用意してもらえたことはとても光栄」と佐々木の実力を評価する一方「K-1の一発目で佐々木選手とやらせてもらえてマジでオイシイ。俺が今まで佐々木選手が積み上げてきたものをすべて奪う」と語る。

 一方、写真撮影で不可思のフェイス・トゥ・フェイスを完全スルーした佐々木は佐々木も「不可思選手は外敵と言われているんですけど、自分の中ではそこにあまりフォーカスしてない」とキッパリ。「一人の男として、この試合を楽しめればなと思っています」と純粋に不可思との対戦が楽しみだと話した。

不可思
「K-1に来て一発目で佐々木選手のような相手を用意してもらえたことはとても光栄に思ってます。佐々木選手はずっとK-1でやってきて、Krushの元チャンピオンでもあって、外から来た僕をもう一発目で潰して止めたいって感じだと思うんですけど、6月30日に俺が今まで佐々木選手が積み重ねてきたものを全て奪ってやろうと思ってます。

(佐々木選手の印象は?)凄いベーシックな戦い方で基本がしっかりしてて、良い意味で堅くて強い選手だなってイメージですね(睨みつけを無視された気分は?)まあ佐々木選手がそういう感じじゃないって言うんで。でも俺はけっこう燃えないとあんまスイッチが入んないんで…。燃えてテンションが上がらないと良い試合があんま出来ないんで、俺はそういう感じです。

(最近は5Rの試合が多かったが、3分3Rで戦い方を変えないといけない?)元々は3Rの試合の方が多かったんですけど、最近は5Rの戦いがずっと多くて。でも何だかんだ5Rのリズムとか戦い方が身体に馴染んじゃってるんで。そこは3Rで1Rから倒しに行くような戦い方にシフトさせないといけないなと思ってます。

(前回の試合は敗戦だったが、どういったところを改善してこの試合に臨む?)最近は色々なことを試していて、けっこう良い結果につながらないことの方が多かったりもしたんですけど、色々試してく中でどうやれば自分の強さが出るかもはっきり分かりました。前回の試合にしてもK-1の試合の前にそういうのを掴めたんで、あの試合はやって良かったと思ってますし。次の6月30日のK-1では自分の強さが見せられる自信があります。

(K-1出場が決まって周りの反響は今までと違った?)反響はすごくありましたし、やっぱり新しいものは楽しいじゃないですか。何で僕もまたモチベーション上がってワクワクする感じっすね。K-1に参戦することで周りからの注目度が上がってるなって単純に感じます。(今回の試合はタイトル戦線に向けても大事な試合だと思うが、そこは意識している?)もちろん大事なんですけど、あんまりそこまで考えないで。とにかく一発目で佐々木選手とやらせてもらえてマジでオイシイなって思ってるんで。俺も楽しみたいなって感じですね。

(改めてK-1に参戦を決意した心境は?)そんな決意とかそういう固いってのはないですね。シンプルにK-1に魅力を感じて直感でこれだって感じだったんで。あとはそんなに長く選手もやらないと考えたら迷ってる時間もないと思ったんで。外からこっちに来させてもらったってので色んな人に迷惑をかけてると思うんですけど、それでも自分が心からK-1のリングで戦いたいって気持ちがあったんで、シンプルにそれだけっすね。決意とか固い感じじゃなくて単純にワクワクさですね」

佐々木大蔵
「まず始めに3月10日のさいたまスーパーアリーナの試合で負けてから、このように6月30日に両国国技館で試合を出来ることを凄く嬉しく思っています。不可思選手は外敵と言われているんですけど、自分の中ではそこにあまりフォーカスしていません。一人の男としてしっかりここをクリアして、試合を楽しめればなと思っています。

(フォトセッションではかなり睨みつけられていたが?)僕は前しか見てなかったんで。視線は凄い感じましたけど(笑)。まあ僕あまりはそういうタイプじゃないんで良いんじゃないですかね?(不可思が「K-1に喧嘩売りに来た」と発言していることに思うところは?)正直、最初に不可思選手って聞いて、今まで僕不可思選手の試合を見たことがなくて。不可思選手はギラギラしている印象があると思うんですけど、僕の中でもその先入観が勝っていて。試合についても印象と聞かれるとやっぱギラギラしてるなという印象が強いですね。外敵とかそういうのはあまり自分の中ではどうでも良くて。6月30日にK-1の舞台で試合できるのが楽しみですね。

(前回の試合は敗戦だったが、どういったところを改善してこの試合に臨む?)3月10日に負けてから、身体のダメージもなかったんでそのまますぐに練習してたんですけど、明後日からタイに行こうと思っています。(タイではどこのジムに行く?)知り合いのタイ人の人にPKセンチャイジム(ムエタイでも屈指の名門ジム)を紹介してもらって、とりあえず二十日間行ってこようかと思ってます。本当に初めての試みで自分がタイの環境でどういうものを得られるのかっていうのが凄く楽しみですし、そういった部分を運良く6月30日に見せられるんじゃないかなと思うので自分でも楽しみですね。

(不可思の映像をなどを見て、ワクワクする試合になりそうだなと感じたポイントは?)映像を見た感じではオーソドックスな感じで何でも出来ると思うんですよね。ギラギラしているけどオーソドックスな感じで、自分とも噛み合う試合にはなるんじゃないかと思っています」