2019.05.20

 5月19日(日)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて、「K-1 KRUSH FIGHT.101」の一夜明け会見が行われた。

 スーパー・フェザー級で山本直樹を下した朝久泰央。会見にいつもネタを用意してくることで知られるが、この日は入場時の旋風脚と会見での失敗をユーモアを交えて語り、会場を和ませた。

朝久泰央
「昨日の試合は何が何でも勝たなくちゃいけない試合だったと思っているので、まずは勝てたことにホッとしています。やっぱりセコンドの指示の通りに動けたことと、練習量が自信に繋がったので、最後のひと踏ん張りというところや技のバリエーション的に自然と動きが出たところが勝因だと思います。

 僕は会見ですべって試合でいい動きをするか、会見でいい感じにいって昨日みたいに入場パフォーマンスの旋風脚ですべるか(苦笑)。まぁ、あそこですべったからこそ自分のペースになったかなというのもあるし、逆にAbemaTVさんのコメントとかも出ていたと思うんですけど、旋風脚をしくじってちょっと足を痛めてしまって、痛めたからああいう動きだった…っていう訳じゃなくて。

 山本選手の純粋な強さもあったし、気迫とかとても感じたので、旋風脚の失敗から自分のペースだったかなっていう。あの瞬間が一番ピンチでした(笑)(今後は)会見で笑いを取って試合でスゴいなって思われるような勝ち方をして、僕はずっとKRUSHのベルトがほしいと思っているので、もうすぐにでも挑戦したい気持ちです。

 いつも会見の時とか『ちょんまげ』とか言っているんですけど、会見のネタとかも増やすし、判定ばかりで倒して勝ちたいので、倒せるようにもっと練習頑張ります。これからも期待していてください」