2019.05.20

 5月19日(日)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて、「K-1 KRUSH FIGHT.101」の一夜明け会見が行われた。

 初代K-1 KRUSH FIGHTクルーザー級王座決定トーナメント準決勝に臨んだRUIは“幕張の怪人”植村真弥に判定勝利。会見では代名詞であるヒザ蹴りのさらなる精度のアップを誓い、兄のように慕うK-Jeeとの対戦となったトーナメント決勝についても語った。

RUI
「昨日は応援ありがとうございました。予想通りの展開っていうか、押し相撲気味になっちゃって、でも会場が沸いていたのはすごく感じましたし、倒せはしなかったですけど重量級らしい迫力のある試合は見せれたかなと。植村選手が相手だったからこそ、の内容だと思います。

(植村は)気持ちがやっぱり強いなっていうのはありましたね。ハンマーでのボディ強化ですか。意味があるんですかね(笑)。あれだけヒザを打ち込んでいても、止まりはしましたけど、ちょっと弱かったですね、まだ。その辺は僕の中で成長の糧になりました。

 正直どっちが勝ってもおかしくない試合だったと思います。このトーナメント、会見の時にも言ったんですけど、誰一人弱い奴がいないので。勝った要因は応援してくれてる人たち、背負ってるものの差じゃないのかと思います。僕らファイターはいろんな人に支えられてあのリングに上がって試合ができます。いま、今日というこの時間、この瞬間を迎えることができて、素直にいま嬉しく思います。

(ヒザがよかったと指摘を受け)打点が高いヒザを打って倒せてないですから、ちょっと合格点は上げれないですね。もっとお腹、顔面と素早く打ち分けることができたら倒せたかなぁと思います。

(決勝のK-Jee戦は)やっとですよね。もうずっとK-1に参戦した時から思い描いていたことなので、昨日の夜もSNSの反響がすごくて止まらなかったです。嬉しくもあり、ちょっと複雑っていう声もいっぱいもらって、お互いもう人生掛けて、プロとして初のタイトルを賭けてやるので、しっかり準備してやりたいですね。リングの上でも言ったんですけど、K-Jee選手のことはずっと実の兄のように慕ってきましたし、ここらでちょっと、ここまで強くなったっていうのを兄貴を超えて、実感させてあげたいですね。

 先ほども言いました、今日という日、いまこの瞬間を迎えることができるのは関係者のみなさん、ファンのみなさん、対戦してくれた植村選手の存在があってのことです。次は決勝戦、念願の九州での試合は難しいですけど、東京の聖地・後楽園ホールをできれば北九州、福岡の人間を多く呼んで埋めたいなと思います。最終的には僕がベルトを巻きますんで、応援よろしくお願いします」