2019.05.19

 5月19日(日)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて、6月21日(金)東京・後楽園ホール「K-1 KRUSH FIGHT.102」の追加対戦カード発表会見が行われた。

 スーパー・バンタム級ワンマッチとして黒田勇斗(隆拳塾)と龍斗(K-1 GYM横浜infinity)の一戦が決まった。

 黒田は今年3月の「K'FESTA.2」のプレミナリーファイトに出場し、森坂陸と白熱の一戦を繰り広げるも惜敗。勝ち星に恵まれない状況が続いているが「今回、勝たないとあとがないと思ってる」と、自分の殻を破るべく闘志を燃やす。

 一方の龍斗は今年4月の「KRUSH FIGHT.100」で本戦に初登場し、キャリアで上回る椿原龍矢に判定負け。しかし「スーパー・バンタム級のトップの選手と戦えた経験はでかい。もっと練習すれば上にいける」と手応えを感じた模様。前戦の経験を糧に20歳の黒田と21歳の龍斗、伸び盛りの両者がどんな試合を見せるのか期待が高まる。

黒田勇斗
「今回は僕自身、初KRUSHで本戦に選んでいただいたので、本戦らしい見応えのある面白い試合をして、勝ちたいと思います。(相手の印象は?)打たれ強くて気持ちの強い選手だと思います。今回は一発一発、倒す気持ちで殴りたいと思います。

(「K'FESTA.2」を経験して得たものは?)2Rにバックブローでダウンを取られて、森坂選手は狙ってたんだなと思いました。森坂選手はスーパー・バンタム級のトップ戦線で戦ってきた選手で、僕ももう少し練習を積めば通用すると思ったので、そういうところを活かしていきたいなと思います。(ファンにメッセージを)今回、勝たないとあとがないと思っています。しっかり結果残して勝つので、応援よろしくお願いします」

龍斗
「前回、椿原選手とやって得るものがたくさんあったので、今回はその得たものをいろいろ出して爆発したいと思います。(相手の印象は?)テクニックがある選手だなと思います。自分とけっこう噛み合う試合になると思います。

(椿原選手との試合で得たものとは?)スーパー・バンタム級のトップの選手と戦えた経験はでかいのと、戦ってみて、もっと練習すれば上にいけるかなと。以前、自分はフェザー級でやっていて、もともと打たれ強いというのもあるんですけど、スーパー・バンタム級に下げてから、いいパンチをもらっても、ハッキリ言って効かなかったです。それを活かして、次の試合はドンドン前に出て、倒しにいきたいですね。

(ファンにメッセージを)スーパー・バンタム級は強い人がいっぱいいるので、まずここをしっかり倒して勝って、上にいきたいです。同じ日に同門の瑠久が出るので、瑠久よりおもしろい試合をしてプレッシャーかけたいと思います」