2019.05.19

 5月19日(日)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて、6月21日(金)東京・後楽園ホール「K-1 KRUSH FIGHT.102」の追加対戦カード発表会見が行われた。

 発表されたのはFUMIYA(ポゴナ・クラブジム)と近藤拳成(大成会館)によるスーパー・ライト級ワンマッチだ。

 昨年、王座決定トーナメントにも抜擢されたFUMIYAだが、直近の試合となる今年3月の「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K'FESTA.2~」を含め、現在は3連敗中。今回は再びスーパー・ライト級のベルトを目指すべく、再起を賭けた一戦で「ここ3試合、思うような試合ができてないので、今回は最高な試合を見せたい」と意気込みを語る。

 対する近藤は昨年5月の「KHAOS.5」以来、約一年ぶりの復帰戦。これまでライト級で戦ってきたが、スーパーライト級に階級を上げて、ひさびさの戦いに臨む。昨日の「K-1 KRUSH FIGHT.101」では弟・近藤魁成が木村“フィリップ”ミノルを相手に接戦を展開しただけに、こちらも「弟に負けるのはイヤなので、あれ以上のインパクトを残そうと思います」と気合充分。それぞれ大きなテーマを持った両者が、激しいつばぜり合いを展開しそうだ。

近藤拳成
「昨日はたくさん弟の応援をありがとうございました。弟の魁成があれだけの試合を見せてくれたので、それを超えたいと思います。(相手の印象は?)前にガンガン攻めてきて、スタミナもたくさんあって、凄く強い選手だと思います。(リングから離れていた一年はどう過ごしていた?)去年の5月に負けて、一カ月半くらいは治療に専念して練習できませんでした。そこから練習を再開した感じです。

(弟の試合については?)17歳で木村選手とやりあえたのは凄いと思います。お兄ちゃんが弟に負けるのはイヤなので、あれ以上のインパクトをがんばって残そうと思います。(ファンにメッセージを)ようやく復帰戦になりますが、メッセージをくれたファンの方がいっぱいいたので、強い自分を見せます。応援よろしくお願いします」

FUMIYA
「三連敗中のなかオファーをいただいてありがとうございます。負けが続いてるんですが、勝ちにこだわりながらKOしたいという気持ちがあります。(相手の印象は?)動画を観て思ったのは、パンチがうまいなと思いますね。あと、僕はちょっといま、前にガンガンいけてないんですよね(苦笑)。だからガンガンいきたいなというのはあります。

(ガンガンいけてない理由は?)ちょっとKO負けが続いてしまって、正直パンチを怖がっている自分がいるのかなと思います。でも、いまは練習中もパンチにビビることなく前には進めているので、それが試合に出れば最高かなと思います。

(ファンにメッセージを)いま、ここ3試合、自分が思うような試合ができず、周りに応援してくれている人が望む試合ができてないので、今回はちょっと最高な試合を見せていきたいと思います」