2019.04.25

 4月25日(木)東京・飯田橋のホテルメトロポリタンエドモントにて記者会見が行われ、6月30日(日) 両国国技館で開催される「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN」の第二弾対戦カードが発表された。

 大岩龍矢と芦澤竜誠、皇治の首を狙う両者の一戦がスーパー・フェザー級のスーパーファイトとして決定した。二人は2017年5月のKrushで対戦しており、その時は大岩が判定2-1で辛くも勝利。大岩はその後スーパー・フェザー級に階級を上げて4連勝を果たし、年12月にKrushスーパー・フェザー級王座に挑戦。ここでは王座奪取に失敗したが、今年3月の再起戦では林京平を1RKOで下し、K-1参戦と皇治との対戦をアピールしていた。

 一方の芦澤は昨年6月の第2代K-1スーパー・フェザー級王座決定トーナメントで第3位に輝き、続く小澤海斗との因縁の一戦に勝利して一気にブレイク。昨年11月に卜部弘嵩、今年3月の「K'FESTA.2」ではホルヘ・バレラにいずれもKO負けを喫して連敗となったが、この試合から心機一転、スーパー・フェザー級に階級を上げての再出発をはかる。

 会見ではこの試合を皇治戦への通過点と位置づける大岩に対し、芦澤は今はこの試合のことしか考えていないと断言。さらに「一つの試合に人生をかけないといけない。前の試合でそう思わされた。本当に今回の試合は人生をかけて、勝っても負けても最後だと思ってやる。そういう殺気だった時の俺はマジで強い」と続ける。

 記者から「この試合は事実上、大阪大会での皇治への挑戦者を決める一戦になるのか?」と問われた中村拓己K-1プロデューサーは「内容が一番。機運が高まらなかったらやる意味がない」と返答。続けて「皇治選手も振り向かせるぐらいの試合とインパクトを残して勝ってほしい」と両選手に好勝負を期待した。

大岩龍矢
「K-1に出場できることをめちゃくちゃ嬉しく思ってます。この試合は皇治選手を倒すための第一歩だと思ってるんで、普通に勝って次につなげたいと思います。(どういう試合を見せて皇治戦を実現させたい?)どういう試合っていうか、普通にKO勝ちしかないんじゃないですか。

(前回対戦した時と、現在のお互いの印象は?)あの時はちょっとお互いが様子見な試合で、あんまり展開がなかったかな、と。最近の芦澤選手は人気・知名度もどんどん上がってきてるんですけど、自分がやった時よりも打たれ弱くなっちゃってるんで、今回は全然KOでいけるかなと思ってます。(芦澤の知名度はどういうところに感じる?)純粋に面白いなと思って見てますけどね。ファイターとして見ているっていうよりは、普通に面白いっすね」 

芦澤竜誠
「大岩選手とは前にやってるんですけど、俺はあの試合は負けたと思ってないんで。次はKO決着で終わらせます。大岩選手は皇治選手とやるって言ってますけど、どう考えても大岩選手が皇治選手とやっても何の話題性もない。でも俺がやったら話題性がある。まあ皇治選手のためにも俺が勝たないと駄目だなって思ってます。

(どういう試合を見せて皇治戦を実現させたい?)俺はもう今回で終わってもいいと思ってるんで。今回の試合でもうお終いだと思って戦うんで、今のところ皇治戦は別に考えてないですね。(この試合で終わってもいいというのは?)後に分かるんじゃないすか? まあとりあえずそんな感じで。

(大岩の『自分とやった時よりも打たれ弱くなっている』という発言を受けて)俺は強い選手とやってるから打たれ弱くなってるとかなってないとか色々言われてますけど、俺は別に全然打たれ弱くなってる気はない。実際に前に大岩選手とやって、大岩選手がハードパンチャーだって言われてたけど、俺にパンチは当たらなかったし、俺は倒されなかった。寝言は寝てから言え馬鹿って話ですよね。

(連敗中で階級を上げた理由は?)連敗に関しては別に何も思ってないし、俺の戦い方が出来てるんで問題ないですけど、スーパー・フェザー級に上げたのはやりたい選手がいるからっすね。フェザー級はもう別に誰もいなくなっちゃったっていうか。まあスーパー・フェザー級にやりたい選手はいますけど、やっぱり一試合一試合に人生かけないといけない。前の試合でそう思わされたんで。本当に今回の試合は人生をかけてっていうか、今回の試合が勝っても負けても最後だと思ってやるんで。だからそういう殺気だった時の俺はマジで強いんで、そこを見てもらいたいです」