2019.04.20

 4月20日(土)東京・新宿区の「GSPメディアセンター」にて「K-1 KRUSH FIGHT.100」の一夜明け会見が行われた。

 K-1 KRUSH FIGHTの幕開けを飾ったのは平山迅と竹内悠希のスーパー・ライト級の一戦。シルバーウルフ移籍とスーパー・ライト級転向という人生をかけた決断を下した平山は、1Rにダウンを奪うと、2Rにヒザ蹴りの連打で竹内をマットに沈めた。

 会見で平山はシルバーウルフに移籍して感じる自身の成長を「上手く言葉では説明出来ないですけど全部ちゃいますかね?」と語り、「やっぱりK-1は最高のリング。そのK-1のリングにしっかり立てるように一つ一つ段階を踏んで行きたい。段階を踏むからこそ、自分のドラマであったりサクセスストーリーが人に感動を生む」と熱く語った。

平山迅
「昨日は応援していただいて本当にありがとうございます。シルバーウルフで練習させてもらってから、大宮司進さんであったり、先輩方に指導してもらったり、ホンマに今回は今まで以上に自分と向き合って、自分にたくさん時間も使って、自分に投資してきました。それが今回のような結果につながったことは、自分中でも決して満足はしてないんですけど、合格点はあげたいかなってところですね。

(シルバーウルフ移籍、スーパー・ライト級での初めての試合で、実際に戦ってみての手応えは?)いつも通りって感じで、ウェルター級の時と変わらなかったっていうのはありますね。ただまあ減量したことがなかった階級なんで、その面の不安はありましたけど、試合に関しては全然しっかり動けたんで良かったと思います。(シルバーウルフに移籍してどんな面が成長していると感じている?)全部ちゃいますかね? 昨日の試合を見てもらったら分かる気がします。自分でもその辺は上手く言葉では説明出来ないですね。

(今後の目標は?)来週から練習も再開する予定で、やっぱりK-1は自分の中でも最高のリングやと思ってるんで。そのK-1のリングにしっかり立てるように、僕は一つ一つ段階を踏んで行きたいんですよ。段階を踏むからこそ、自分のドラマであったりサクセスストーリーが人に感動を生んだりとか、応援してもらえるきっかけになると思うんで。自分はそこをしっかり大事にしていってやっていきたいっていう気持ちがあります。

(スーパー・ライト級で戦ってみたい相手は?)もちろんベルトを狙って行きたいんで今のチャンピオンとは戦ってみたいと思います。でもまだまだやっていかなあかん相手も一杯いると思うので、とりあえず当てられた相手をしっかり倒すっていう感じですね。K-1大阪大会のアピールは昨日もしたんですけど、去年は出場を逃しちゃってるんで。今年8月のK-1大阪大会に自分が出て、しっかり結果を残してスーパーライト級の顔にもなっていきたいという気持ちがあります。

(ファンの皆さんにメッセージは?)いつも応援ありがとうございます。ホンマに皆さんの応援のおかげでリングに立ててます。これからも自分に注目していただいて、熱い応援よろしくお願いします」