2019.04.20

 4月20日(土)東京・新宿区の「GSPメディアセンター」にて「K-1 KRUSH FIGHT.100」の一夜明け会見が行われた。

 第2試合の[K-1 KRUSH FIGHTスーパー・フェザー級]で優谷に3RKO勝利を収めた伊藤健人。2014年2月のプロデビュー戦以来、実に5年2カ月ぶりのKO勝利だったが、一夜明け会見では「2R以降は記憶がない」とのこと。まさに必死に戦って掴んだKO勝利で「ずっと目指しているものはチャンピオンになること。一戦一戦勝って、勝ち方も魅せていく」と語った。

伊藤健人
「昨日の試合は2R後半から記憶がなくて、映像で試合を見たんですけど、前に出て倒しきれてよかったなと思います。(優谷の印象は?)1Rの記憶しかないんですけど、練習のイメージ通りでした。(1Rはサウスポーに構えて、2Rからオーソドックスに戻したが?)それも覚えてないです…。(1Rのパンチで意識が飛んだ?)1Rのパンチではないと思うんですけど覚えてないです(苦笑)。

(かなり久々のKO勝ちだったが?)デビュー戦以来のKO勝ちで先輩たちから滅茶滅茶いじられました。『20年振り?』って(笑)。でも本当にK-1 KRUSH FIGHTになって一発目の試合で倒せたことは自信につながりました。(今後の目標は?)ずっと目指しているものはチャンピオンになることです。一戦一戦勝っていかないとベルトに近づけないことは分かっています。一戦一戦勝って、勝ち方も魅せて上に上がっていきます。(ファンのみなさんへのメッセージは?)いつも大きな声援ありがとうございます。昨日のようにしっかり倒して勝つ試合を見せていきます」