2019.04.20

 4月20日(土)東京・新宿区の「GSPメディアセンター」にて「K-1 KRUSH FIGHT.100」の一夜明け会見が行われた。

 昨日の大会で第6代Krushスーパー・バンタム級王座トーナメント・準決勝で軍司泰斗に敗れて以来の再起戦を迎えた椿原龍矢。今回が本戦初登場となった龍斗との対戦で、1Rこそ龍斗をコーナーに釘付けにして得意の連打で攻勢をかけたものの、2R以降は龍斗のスタミナと前に出続ける姿勢に手を焼き、僅差の判定勝ちに終わった。

 一夜明け会見では足を止めて倒しに行く意識が強過ぎたと昨日の試合内容を反省しつつも「やっぱりKRUSHとかK-1は倒してなんぼの選手が一杯集まってると思うんで、倒せる選手になりたい」と持ち味を活かした上でKO出来るファイターになりたいと語った。

椿原龍矢
「昨日の試合は色々やりたいことがあったんですけど、何か上手いこと行かなかくて。自分の中ではあんまりしっくりはきてないんですけど、とりあえず勝てて良かったなと思います。(龍斗選手の印象は?)龍斗選手はとてもスタミナがあって、気持ちが強い選手やなというのは分かっとったんですけど、やっぱり昨日実際に対戦してみて、前にもめっちゃ出てくるし、気持ちも強いし、スタミナもある選手やなと思いました。

 色々僕も倒したかったり、パンチ力の向上のために練習してきたんで、しっかりパンチを打ち込もうとか色々考えとったんですけど、考えたら考えるだけ動かれへんくて(苦笑)、やっぱり僕は何も考えんと戦う方が良いんかなと思いました。

(倒したいという気持ちが強過ぎた?)やっぱりどっしり構えて強い一発をガツンと当てるような練習をしとったんで、そういう風にやってみようかなと思っとったんですけど、昨日は中々上手いこと行かなかったです。(上手く行かない中で勝ちきれた要因は?)練習はしっかりやってきたんで、ガツンと当てる練習以外にもスタミナの向上であったり、テクニックの練習もしてきたんで、練習をたくさんしてきたことが勝因かなって思います。

(反省点も含めて、次の試合に向けてどういった試合をしたい?)KRUSHやK-1に出てる選手は倒してなんぼだと思うんで、倒せる選手になりたいと思ってます。しっかり倒せるように、パンチも蹴りももっとしっかり磨きをかけないと駄目だなと思いました。

(今後の目標や対戦したい選手は?)僕は大阪の人間なんで、大阪K-1には出たいと思ってます。現在のKRUSHチャンピオンの玖村将史選手ともやりたいと思ってるし、武居由樹選手にも挑戦してみたいと思ってます。(6月のトーナメントのリザーブファイトに選ばれれば出場したい?)出られるものには何でも出て行って、しっかり勝ったら先が見えて来るし、強い上の人とやらしてもらえると思っています。オファーをかけていただいたら、誰とでもいつでもやるつもりでいます。

(ファンの皆さんへメッセージは?)昨日は応援ありがとうございました。何とか勝つことが出来たんですけど、課題はたくさん見つかったんで、次の試合までにしっかり課題を克服してもっと強くなって帰ってこようと思ってます」