2019.03.31

 3月31日(日)東京・新宿区の「GSPメディアセンター」にて「Krush.99」の一夜明け会見が行われた。

 前戦で初回KOを上げた同士、注目のスーパー・フェザー級対決となった一戦は、横山朋哉が斎藤祐斗に1RKO勝ち。K-1 JAPAN GROUPで無敗街道を突き進む横山は「組まれた試合は全部KO勝ちできるように勝っていって、ベルトを目指して突っ走る」と王座挑戦も視野に入れつつ「昨日は兄弟2人ともKO勝ちで最高の勝ち方ができた。横山兄弟、これからもっともっと上を目指していく」と兄・巧と共に兄弟でのさらなる活躍を約束した。

横山朋哉
「昨日はたくさんの応援が来てくれて、本当に勝ててよかったと思っています。また兄弟で2人ともKO勝ちして、最高の勝ち方ができてよかったなと思っています。(試合を振り返って)昨日は体が軽くて本当にスピードがめっちゃ速くできていたので、スピードで行ければ勝てるなと思って、スピードを重視して行きました。

(最後のKrushでの試合について)実は今回Krushの舞台が初めてで、こんなにいい舞台があるんだなというのを知りました。名前は変わってしまいますが、変わらず“超破壊型打撃格闘技”として楽しみだなと思いました。(今後戦いたい選手は?)とりあえずトップ戦線の強い選手と戦っていきたいです。とりあえず組まれた試合は全部KO勝ちできるように勝っていって、ベルトを目指して突っ走っていきたいと思います。あと兄弟で2人で高め合って頑張っていきたいと思います。横山兄弟、これからもっともっと上を目指していくので2人ともチャンピオンになれるよう頑張っていきたいなと思います。

 本当に昨日は応援ありがとうございました。最後のKrushで兄弟で2人ともKO勝ちできて、本当によかったなと思っています。また次戦に向けて、気合いを入れてもっともっと成長した姿を見せられるといいかなと思ってますので、これからも応援よろしくお願いします」

 

選手登録