2019.03.29

 3月29日(金)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて、3月30日(土)後楽園ホール「Krush.99」の前日計量・会見が行われた。

 明日のセミファイナルでは神保克哉と藤村大輔、スーパー・ウェルター級のハードヒッターが激突する。神保は昨年12月のKrushで平塚洋二郎を豪快KO。対する藤村も昨年9月に過去にタイトル挑戦経験のある山崎陽一に延長判定勝ちし、ともに波に乗った状態での対戦となる。

 対戦発表会見では互いに相手を「サンドバッグにする」と火花を散らした両者だが、試合を前にしてもそのテンションは変わらず。新調した紫の特攻服で会見に現れた神保は「最後のKrushにふさわしい試合になる」、藤村は「壊しの祭典らしい試合をしたい」(藤村)とそれぞれ意気込みを語った。

神保克哉
「細かいことは言わず、明日はしっかり仕留めます。(噛み合うことが予想される試合だが?)明日は最後のKrushにふさわしい試合になると思います。(Krushへの思いは?)自分はK-1から入ったので、初めは“なんだよ、Krushって”って正直舐めていました。でもKrushの舞台に来てから、こんな刺激的な、すごい殺気のある舞台があるんだと思いました。正直まだKrushでやりたいんですけど、最後ということでしっかり“決めたい”です。

(どんな試合になる?)自分こう見えてすごい頭がいいと思ってるので、頭を使って戦えたらいいですけど、明日は相手が藤村選手なので、それなりに戦いたいと思います。明日はKrush最後ということで無傷で帰るつもりはないので、楽しみにしていてください」

藤村大輔
「今回コンディショニングがかなり上手くいったので、明日は最後のKrushになるので“壊しの祭典”、Krushらしい試合をしたいと思います。(神保は)足を止めて打ち合ってくれると思うので、自分も楽しみにしています。

(Krushへの思いは)自分はデビューして6年目ぐらいなんですけど、Krushでは今のところ全部勝っています。(Krushは)自分がここまで成長して格闘技を続けるきっかけになったというのもありますし、普段静岡でやっていて東京でこういう風に試合をして、自分がメディアに出るようになったのもKrushのおかげなので、そういう思い入れはありますね。

(対戦カード発表会見では『神保選手のような選手は嫌いじゃない』と言っていたが、そういったエピソードはある?)あまりこういうところでは言えないですよね(苦笑)。やんちゃなことはしてましたけど、あんまり言えないような…言いたくないです(苦笑)。でも明日は公式で殴り合って人に喜ばれるというところなので、存分に暴れたいと思います。明日はセミファイナルでスーパー・ウェルター級のバチバチの打ち合いをやりたいと思っています。Krush、壊しの祭典にふさわしい試合をしたいと思っています。応援よろしくお願いします」

 宣言通りの壊し合いで会場を沸かせて勝利を掴むのは神保か? それとも藤村か?