2019.03.28

“Krush”として最後の大会となる「Krush.99」3.30(土)後楽園ホール大会の特別企画としてKrushで活躍したファイターたちに思い出の一戦を聞きました。“ラストKrush”に向けてKrushの歴史を振り返りましょう!

初代Krushウェルター級王者
久保優太

「Jawin presents Krush Grand Prix 2013
~-67kg級初代王座決定トーナメント~ 」
2013年1月14日(月・祝)
VSアブデラ・エズビリ

「大雪の日の地獄のワンデートーナメント。ライバルだったアブデラ・エズビリと2度目の対戦。お互いボロボロの状態での決勝戦。ザ・泥仕合い。辛ちょす。3Rドロー判定で決着つかず、1Rの延長戦でもドロー。再々延長開始を待つインターバル中、いつも戦略的である師匠の矢口哲雄トレーナーからは「最後は気持ち!とにかく前に出ろ!」だけの指示。

 再々延長で「気持ち」を出しなんとか勝った。お互い1日に10R以上やるという地獄のトーナメントだった。(観てる人にとっても)。蹴り過ぎて両足骨折してて試合後は歩けなかった。再々延長のゴング開始の時、リングサイドで見つめる隊長とのアイコンタクトのシーンがテレビで映る。あの時の隊長の顔は今でも忘れない」

第2代Krushスーパー・ライト級王者
寺崎直樹(Booch Beat)

「Krush.43」
2014年7月13日(日)
VS HIROYA

「Krushで一番思い出に残っている試合は-65kgのタイトルマッチです。WILDRUSHリーグでボロボロに負け、自分は『こんなもんだ』と諦めて自信をなくしてしまっていたけど、この一戦で勝てたことが、今の人生の大きな自信になってくれています。Krushは私の青春です」

第2代Krushバンタム級王者
軍司泰斗

「Krush.80」
2017年9月8日(金)
VS隆聖

「Krushで1番印象が残ってる試合は隆聖選手とやったバンタム級のタイトルマッチです。プロの試合で初めてのベルトを巻いて最高に嬉しかったのを覚えています。すごくいろんな準備をして試合に臨みました。またチャンピオン目指して頑張ります」

第6代Krushスーパー・バンタム級王者
玖村将史

「Krush.98」
2019年2月16日(土)
VS軍司泰斗

「Krushで1番思い出に残ってる試合はスーパー・バンタム級トーナメントの決勝戦です。初めて獲ったタイトルがKrushで、あの試合のことは一生忘れないと思います。Krushの名前が変わっても自分はこれからもKrush王者です!」

大沢文也(TANG TANG FIGHT CLUB)

「Krush.23」
2012年10月8日(月・祝)
VS"狂拳"竹内裕二

「狂拳戦が1番記憶に残ってます!プロデビュー前からTVで見ていて凄い好きな選手で、そんな選手と倒し倒されの試合をして、結果的には負けてしまいましたが、初めて試合中に笑えるほど楽しく思えた試合でした!あの時の試合を越えるのが今の僕のモチベーションです!」