2019.03.11

 3月11日(月)東京・飯田橋にあるホテルメトロポリタンエドモントで「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K'FESTA.2~」の一夜明け会見が行われた。

 ライト級タイトルマッチは下馬評での圧倒的不利を覆し、挑戦者・林健太が王者・卜部功也を降してベルトを奪取。勝利後は涙ながらに子どもたちへの思いを語ったが、会見では帰宅後のストーリーに言及。林家のほのぼのとしたエピソードに会場は笑いに包まれた。

「昨日もたくさんの応援、みなさんありがとうございました。前日のインスタグラムのストーリーの勝利者予想が86%が功也くんで14%が俺でだいぶ落ちていたんですけど(苦笑)、みなさんの予想を覆すことができて気持ちよかったです。

 会場もめちゃくちゃデカくて功也くんもめちゃくちゃ強くて、K-1の世界タイトルマッチで、もうめっちゃ緊張していたんですけど、3分3ラウンド=9分、多くても延長で12分間、もう水に潜るみたいな気持ちで息を止めて全力で行こうと思っていたので、特に功也くんのこととかは考えなくて、もう行くことしか考えていなかったです。

 功也くんは本当にパーフェクトで、非の打ち所がない、完全無欠のファイターみたいに言われていましたけど、俺はそんなパーフェクトにはなれへんけど、打ち合ってみんなが興奮できるような試合ができるチャンピオン、とにかく外国人と血が出るま打ち合って勝てるのは俺だと思うので、外国人と打ち合って(ベルトを)守っていきたいと思います。

 目標はとにかく毎試合毎試合、塩試合みたいな感じにならなくて、みんなに感動したとか興奮したと言ってもらえるようにスリリングな試合で盛り上げていきたいと思います。

 昨日は帰りが遅くて、帰ったら子どもは寝ちゃっていたんですけど今日朝起きたとともにベッドで子どもらと一緒に昨日の試合を振り返って、ベルトも見て『むっちゃカッコよかった』と言ってもらえて。行きたいところは個人的には横須賀のソレイユの丘っていうところでピザ作りの体験をしたいんですけど、ちょっとなんか“うーん”みたいな感じで、乗り物に乗りたいオーラが出ていたので、ちょっともう一回帰って話し合いですね(笑)。

 奥さんはディズニーシーに行きたいと言っているんですけど、僕はピザ作りに行きたいので、そこもちょっともう1回会議します。やっぱり減量が大変で、減量中にずっとインスタグラムで美味しいものを探していて、家族で行ける場所を探していていい所があったんですけど、めちゃくちゃピザが美味しそうやったんです。これをどうしても作りたくて、子どもたちに作りに行こうか? と言っても、『えー』とか言われて。パパに作らしてくれと言って。帰って話し合いをするんですけど、ここでほぼ決まりだと思います(笑)。

 これからは今まで通りに仕事はできないかもしれないですけど、ここまで来たら林健太、俺の人生は格闘家の人生で突き進んでいこうと思います。

 やっぱりみんなに興奮させて盛り上げて熱くなるような試合をして、最後にはみんなで笑顔になって、家族も笑顔になって、応援してくれている人もみんな笑顔になって、みんながスマイルになればいいなと思っていて、応援してくださっている会社のキャッチコピーがスマイル for youなので、みなさんこれからも林健太のことを応援して、最後は笑って1日を終えてください。これからもよろしくお願いします」